FC2ブログ

苔ベランダの観察記録

苔や多肉の記録です

サボテン

(´・ω・`)本日の花粉濃度は中

中でも中々にしんどい。

花粉の困るのは目も鼻もグズグズの上
さらに体調も微妙に悪くなるので
風邪なのかの区別がつきにくい。

そして今年はコロナの疑いまであるので
困った困った。

毎年この時期は花粉の愚痴ばかりの気がする
コロナも花粉も早く終わってほしい。




そんな「カルメナエ」の記録

購入直後の去年の夏頃

若干地肌が見える薄毛状態。




約一ヶ月が経過し

発毛に成功した頃の「カルメナエ」

トゲの量が増えて触り心地もさらに良くなった。




そして「カルメナエ」が開花!

が、地味だった。

ポツ・・・ポツ・・・と時間差で咲いてはいるけれど
このサイズの花ならまとめてドバッと咲いてくれた方が
見栄えが良いのじゃないかと・・・

まぁ、咲いてくれただけで良しとしよう!

来年はさらに花数を増やしてくれるかもしれないし
楽しみに観察を続ける事にしよう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´・ω・`)ハァ・・・

お土産で頂いた高級干し芋。

美味しいので少しづつ大切に食べていたら
カビさせてしまった・・・
10本入りで半分以上やられてしもた。

大事に食べようとゆっくりしてると
いつも結局駄目にしてしまう。

そういえば冷凍のカニを貰った時も
大事な時に食べようと、無駄に勿体ぶって温存させておいたら
霜だらけになってあまり美味しく無くなってしまった事があった。

美味しいものはちゃっちゃと食べるべき
グズグズしてるとろくな事にならない。

そしてカビてしまった干し芋はカビ部分を削り取り
しっかり食べた。

美味しかったし大丈夫だろう。そうだろう




そんな「クーペリー」記録

冬場の維持を乾かし気味にするとどうなるのか実験の結果が出た。

周囲のビロッと延びた葉っぱは夏場の葉っぱ
中央からのギュッとしたのは水切りした冬の葉っぱ。

水を切らずに育てるとこうなる

「クーペリー」は水を切っても切らなくても
好みで選んで良さそうな姿。

水を切ったギュッとした姿も良いし
水を吸いまくったバイーンとした姿もかっこいい。





こちらは「ロンゲブラクテアータ」

これは水を与えず維持すると
窓の部分がベチャっとなってどうもかっこよく無い
干からびた感じで美味しく無さそう。


水を切らずに維持するとこうなる

うむ・・!「ロンゲブラクテアータ」は水を与えながら維持した方が良いな。

窓の部分が水分で満たされ
ブリッ!とした感じが美味しそう。

2度目の冬で段々と管理のコツが掴めてきたような気がしますなぁ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

苔鉢

(´・ω・`)外に出られない

夏場になり、スーパーでスイカを見かけるたびに
今年こそ1玉買いをするぞ!と意気込むけれど

高いから1玉買いは止めとくか・・・
と、毎回諦め
8分の1カットで妥協してしまう。

でも8分の1カットだと食べた気がしないんだよね。

ならば自分で作ろう!と
早速スイカ用の畑を作り始めたのだけれど
花粉のせいで全然開墾が進まない。

何とか植え付けシーズンまでには完成させねば。




そしてビビン鉢記録

ハイゴケが順調に茂っていた頃の鉢

が、この後ガガンボに食べられ苔が壊滅
その壊滅時の記録も張ろうと思って
探してみたけれど見つからなかった。

ショックで記録を取ってすらいなかったらしい。

苔を全て食い尽くされた状態で冬を迎え
花粉・・いや、春の到来と共に




復活してきた

もう復活は無理だろう、というところまで食い尽くされたが
何だかんだでちゃんと復活はする。

ガガンボもちゃんと考えて食べてるのかもしれないね
忌々しいけど。

壊滅時と比べられたら良かったんだけどもな
次回はしっかり撮っておこう。

次回何てあって欲しくないけどもさ!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(´;ω;`)花粉が本気出してきた

目の痒みに止まらない涙
鼻水に至っては完全な水状態。

ほぼ涙のような鼻水なので
気を抜くと一瞬で垂れるわい。

コロナの影響でマスクも売っていないらしいし
マスク装備の花粉症者は大変だろうなぁ




久しぶりに「サラセニア」記録

我が家へ迎えたばかりの初々しい頃




2年経過しだいぶ賑やかになった頃

さぼっていたので、この間一度も植え替え無し

流石にそろそろかなぁ~と考えてはいたので
「ハエトリソウ」の植え替えに合わせて
「サラセニア」も植え直すことにした。




冬場の「サラセニア」

こっちも暖冬で完全には枯れなかった様子




引っこ抜いてみると結構子株が出来ていた

合計で6株




鉢には3株を植え込み

残りはハエトリ鉢に混ぜて植えてみる事にする。

植え直しをするとまた成長していく過程が楽しめるので
たまには良いもんです。

でもこの時期に食虫鉢の植え替えは冷た過ぎるので
次回はもう2~3年後にする事にしよう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

フリーシア

(´・ω・`)やったぜ

ホムセンを徘徊中
小鉢コーナーで鮮やかな赤色発見
なんじゃろ?と近づくと・・・

以前から欲しかったフリーシアだ!お値段は200円だ!

シーズン中だと1000円の鉢で売られているのは見た事あったけど
200円の小鉢で売られているのは初めて見た。

・・・いくか? いや、しかし・・安さも大事だけれど
もう置く場所も厳しいし、鉢が増えすぎて管理出来るかどうかも不安。

値段に惑わされちゃいかんよなぁ

う~ん、う~ん・・・でも、この機会を逃すと
もうこの小鉢には出会えないかもしれないし・・・


それに安いし・・安いし・・・安いし!






よし!買おう!(結局値段)


そして買ってきた。

シーズン中は4株くらいがくっ付いてる鉢がいっぱい並び
いいなぁ、これ欲しいなぁと眺めるだけだったけど遂に入手!

かっこいい・・・小さいながらも株の中央はしっかりと
水を溜めるタンク状態になっており
早速水を汲んでやり、タンクプロメリアの能力を満喫。

ちょっと気になるのは花を付けている鉢しか見当たらなかった事。

確かエアープランツと同じように、花が咲くと子株を作った後に
親株は枯れるらしいのだけれど

このまま咲かせちゃって良いのだろうか
カットしてまずは親株の充実を図るべきなのか
というか、カットしちゃっても問題無いのだろうか
このまま咲かせて子株を作って頂こうか。

完全な手探り状態
フリーシアの不安な1年目が始まった。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(´・ω・`)今日は寒い

そんなに冷え込んだ訳では無いけれど
昨日が暖かかったので寒く感じる。

そして暖かさに我慢出来ず「ハエトリソウ」の植え替えを決行した。

暖冬で元々暖かかったけど、このまま放置しておくと本格的に
新芽たちが動き出してしまいそうだったので
タイミングはまぁ問題無かろう。




まずは観察

通常冬場だとこんな感じに

消滅間際まで追い込まれてから復活するのだけれど
今年は大きな葉っぱも結構生き残り
残った葉っぱも青々としてるのが多かった。

まともに霜が降りる日も少なく
そういえば雪も降らなかったのが要因でしょうなぁ

まぁ、元気ならば問題無かろう!




ので、引っこ抜く

我が家に一株だけ植わっている「シャークティース」
早く増えて欲しいところだけれど
残念ながら子株は出来ていなかった。

が、順調に成長してはいるのでその内に
子株も作ってくれるだろう。




その他の通常株

かなり増えてきた
ハエトリがわさわさ生えている鉢を作りたかったので
戦力はだいぶ集まってきた感じ。




鉢の用意
鉢は今回も100均で買ってきたタッパー
プラスチックなので長期間外へ置いておくと
紫外線でボロボロになってしまうので
2~3年の使い捨て。

購入しておいた水苔の量が心許ないので
苔栽培にも使用したフィルター濾材の軽石を下へ敷く。

これで嵩増しして騙し騙しやっていく
が、食虫植物は殆ど根っこを張らないので
問題無かろう。




水苔セット!

うむ、結構ギリギリだった
軽石が無かったらまたホムセンへ走らねばならんところだった。

使い道は多いし、何度も使えるし
軽石は常備しておくもんですなぁ。




そしてハエトリ達を植え込む!

冬場の姿なのでしょぼくれてるけど
夏場になったらかなり賑やかになってくれそうな配置にしてみた。

中央には目立つように「シャークティース」
冬芽の最中なのでまったく目立たず見えないけれど
「ハエトリソウ」の隙間には「モウセンゴケ」を散りばめておいた。

これでハエトリ&モウセンが一緒に繁茂する
食虫植物鉢の完成。

夏場が楽しみですなぁ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

苔鉢

(´・ω・`)甘皮は大切

土いじりをしてたら爪の甘皮が千切れちゃった
こんな薄い皮無くなっても大して困らんよね!
と、甘くみてたけど
これが無いと爪の際の肉に物が引っかかって気になって仕方が無い。

ぐぐってみると、甘皮が無いと爪が無防備状態になり
ばい菌も入りやすくなってしまうとの事。

ほんの薄い皮だけれど、大事な皮だったらしい
早く修復されて欲しいです。

が、そんな時でも雨が降ったら苔いじり!




苔鉢の準備

「ツメレンゲ」で使用していた平鉢を使用

鉢の底まで土を使用すると
保湿力が高まり過ぎて、苔をガガンボの奴に食い荒らされてしまうので
軽石&水槽で使用していたフィルターの濾材で底上げ。

これなら完璧過ぎる程の排水力
耐乾性の強い苔には最適な環境。

すぐに乾燥するようにしておけば
もしガガンボの幼虫が発生したとしても
すぐに乾きで死滅する。

苔鉢はガガンボとの戦いなり。




底上げ材の植えに赤玉土を敷き詰める

実験したら半日でカラッカラに乾いた様子。

これならばガガンボが発生する余地は無かろう。




そして苔の植え付け

毎度の事だけど始まりはいつも地味

記録時が夕暮れだった事もあり
何処に植わっているのかも良く分からないほど地味。

まぁ、完成した後も苔鉢は地味だけどもね。

後は多肉の植え替えで出た細かい土を
隙間に詰めつつ綺麗に仕上げていこう。




採取元のサボテン鉢も記録しとく

ここの苔をピンセットで毟り取った。

ちなみにこの鉢の用土はサボテンの土
実験で育てていた二つの苔小鉢は多肉の土
なので今回の赤玉土での苔鉢は初めての挑戦。

赤玉でちゃんと育つのかどうかわからないので
少し不安だけれどまずは様子を見ていく事にする。


この苔はスナゴケよりも繊細な姿&触り心地なので
完成形がとても楽しみ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ビワ

(´・ω・`)うーし、遂に雨が来る

しばらく雨模様らしい
明日から日曜にかけて崩れる予報との事
こんなにまとめて降るのでは無く、どうせならもう少し散って降ってほしかった。

さらに気温がグングン上がるようで
明後日からは15度以上、日曜日に至っては20度との予報。

苔の植え込みも控えているので
どっぷり濡らして頂きたいもんです。




そして記録を忘れてた「枇杷」

殆ど撮影もしていなかったので
過去記録を調べると
枇杷計画1 枇杷計画2
二つ記録があった。

で、確認していて思い出したが
途中からオマケで植えていた「マルバルコウ」の観察に夢中になり
「枇杷」の観察が疎かになってしまったんだった。

今年は「マルバルコウ」は封印する事にしよう。

2鉢とも無事に芽は出したが
ベランダ疎開の時に片方は枯れてしまった。

この豆腐パックの時はまだ2018年の夏頃
鉢に植え込んだ枇杷計画2が去年の6月頃

そして現在。




だいぶ立派になってきた

成長が早いのか遅いのかはわからないけれど
葉っぱを出す毎にサイズが大きくなっていっているので
順調ではあると思う。

現時点で手のひらを越える程になってきた。

枇杷鉢はエアコンからの排水が鉢に流れ込むように
セットしてあるホースが不恰好・・・だけど!
これのおかげで夏場は水をあげる必要が無いので便利
水の調達が難しいベランダでは排水も有効活用させねばな。

冬でも葉っぱを落とさない常緑の木が欲しかったので
枇杷にはこの調子でどんどん成長して欲しいもんです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

銀杏

(´・ω・`)晴れ続き

もう随分長い事晴ればかり
苔もカリカリに乾燥しちゃったので
そーろそろ降って頂きたいこの頃。

「ツメレンゲ」鉢が空いたので、あの平鉢を次の苔鉢にしようと計画中
もう既に土を詰め込み準備は整っているけれど
雨が降らず植え付けが出来ない状態。

苔鉢の苔は吸水しにくく、直接かけた水や
ジョウロのシャワー水だと弾いて吸収が難しい。

苔鉢は適度にゆっくり湿らせてくれる雨水の方がお好みらしい。




そんな「銀杏」鉢の記録

去年の秋頃
「錦蝶」が我が物顔で「銀杏」鉢を占拠していた
成長も早く、このまま乗っ取られるのか・・・
と、思っていたら




霜でひじき状態になった1月の初め頃

触るとぶよぶよ
タフそうな多肉だったけれどやはり霜には勝てなかったらしい。

そこから一ヶ月が経過し




枯れた

乾燥のひじき状態になった
中央の茎も乾燥し、完全に逝った・・・
かと思いきや、枯れた株の奥にまだ無傷の「錦蝶」が一株
いや、根元を見ると大量の子株たちが無傷状態で生存してた。

ここで枯れていないという事は
今年も「銀杏」は「錦蝶」に押されそうな気配。

銀杏記録というより錦蝶記録になってしまったわい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´・ω・`)やる事無し

やる事が無くて、毎年1~3月は記録の回数が減ってしまう
ので、先延ばしにしていた植え替えでもやり始める事にする。



「ツメレンゲ」

子株が根付き
さぁ、これからだ!今年は溢れんばかりの「ツメレンゲ」を満喫するぞ!

と、意気込んでいた夏の頃。




が、結局全然育たず

ほぼ何も起きないまま冬芽を作られてしまった

そんな秋の頃。




冬場に入り、完全に冬眠の姿

カチカチの球根状態になり
水が無くても耐えられる状態へ仕様変更されている。

「ツメレンゲ」はタフな植物
上手くは育ってくれないけどもさ。

芽が動き出す前に植え替えようと
鉢の準備を始める。




倉庫前に勝手に生えた「ツメレンゲ」

日当たり悪く、下はコンクリでとても良好な環境とは言えないけれど
何故か葉っぱも大きく、状態良く育つ「ツメレンゲ」

この好調の秘密は普通の庭土にあると推測し
今年は庭の黒土で育ててみる事にする。

黒土はモグラが庭にポコポコと山を作っていたので
そこから採取してきた。

モグラが土を耕してくれてたので
フカフカで丁度良さそうな土になってた。




そして植え込む!

配分は赤玉3:黒土7
毎年上手くいかない「ツメレンゲ」だけれども
上手く育つ方法を探しながらの栽培は楽しい。

去年の赤玉オンリーとは環境が全然違うので
今年こそは期待出来る・・・!

そんな難しい植物じゃ無いんだから
今年こそは、今年こそは頼むよぉぉぉ!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ムシトリスミレ

(´・ω・`)連日の晴天、暖かし

が、天気予報を見ると
今週の木曜辺りで寒さが本気を出すらしい。

現時点の予報では日中の気温6度、夜間の気温-6度
晴れはするようだけれど凄く冷え込みそう。

外で越冬実験をしている植物たちがちょっぴり心配。



が、春の気配もしてきた

「ムシトリスミレ」開花。

冬の間は動きが無かったけれど
花も咲いてくれたし、良く見ると新しい葉が2箇所から生え始め
株も増えてくれた様子。

春の気配を感じますなぁ

ちょっと気になったので過去の記録も調べてみると




何々・・・6月の26日にも咲いていた。

なるほど初夏頃まで咲くのか
他にも調べてみると・・・




何々・・・撮影日は・・・12月の9日。


あ・・冬でも咲くのか
別に春の気配で咲き出したって訳じゃ無かったのか。


うむ、春の気配とか関係無かったらしい
ハッハッハ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村