FC2ブログ

苔ベランダの観察記録

苔や多肉の記録です

倒木処理

(´・ω・`)良い天気なので作業を進める

台風で倒れた杏の木
もう台風から3ヶ月も経とうとしているのに
まだ処理が終わっていない。

が、やっと半分終わったので記録しておく。



この反対側にもう一本分

燃やせれば楽で良いんだけれど
今は気軽に燃やす事も出来ないご時世なので
積み上げて放置しておこうかと思ったが
かなりの量で邪魔になりそうなので却下。

それに積み上げておいただけじゃ
分解もされないのでずっとそのまま残ってしまう。

なので!埋める事にした。



穴掘りは好き

倒木処理の休憩がてらちょこちょこ掘り進める。

一層目が掘り終わり、二層目を開始したところ。



二層目が掘り終わり、三層目を掘り始めたところ

深くなってきたので手前側に階段を作った。

大きな穴を掘る時には土の運び出しが大変なので
階段が大事。



三層目が掘り終わり、四層目の掘削開始

奥側にも階段を作った。

計画的に掘らないと足場が悪くなり
掘りにくくなってしまうので、きっちりと綺麗に掘る。

ここいらで深さ60cm位
昇り降りがしんどくなってくる。



四層目が掘り終わり、二段目の階段が完成

穴掘り楽しい
木を埋めるという目的も忘れ掘り続ける。



五層目の途中で終了、力尽きる

最深部で大体1メートル位は到達出来たと思う
また後日、晴れた日に再開しよう。

倒木処理の為に始めた穴掘りだけど
掘り始めると楽しかった。

お金もかからないし、良い運動にもなった。

うむ、こりゃ良い趣味だ
ちょこちょこ掘り続ける事にしよう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(((´・ω・`))) 真冬の長雨

連日の雨続きで観察へ出られず困る
が、冬場なのでベランダへ出てもこれといってやる事も無いのだけども。




そんな丸鉢多肉の集合記録

1年では成長しきらなかったけれど
どれもまぁまぁ成長したかな。

上段真ん中の「高砂の翁」は植え替えが遅かったので
ちょっぴり微妙な感じ。

下段右の「リラシナ」も重厚感が増してきたし
下段左の「花月夜」もかなり形が整ってきた。



最初はこんなんだったし・・・

こんなだらしのない多肉は見た事が無い!というレベル。

徒長した多肉は良く見かけるけれど
ここまで酷い状態になってしまった多肉は中々無いですなぁ。

これが半年程度であそこまで復活してくれるとは
良かった、良かった。


ちなみに予報では雨は今日まで
明日には晴れるらしい
が、明日は今日よりもさらに気温は低くなるとの事
でも晴れてさえいれば気温は低くても暖かく過ごしやすそう。

せっかくの長雨だったし、じっくりと苔観察をする事にしよう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

サンスベリア

(((´・ω・`))) 凄い寒さになってきた

週末は土日が寒いとの予報だったけれど
金曜も寒いに変更されてた。

土曜日は最低気温がマイナス
流石に冬の装備を身に付けようと思ったけれど
来週の月曜は18度の予報。

まだまだブレがあるから、どのタイミングで装備を整えようか悩ましいところ。



そんな「サンスベリア」記録

最近はホムセンが多肉をあまり入荷しなくなってしまい
見るもの無いなぁ~退屈だなぁ
と、ウロウロしてたら見つけたこの植物。

ヤマアラシの針のような葉っぱ?と
根元からは違うタイプの葉っぱが生えだしてる。

育てた事の無い種類だったけれど
面白そうなので購入。

安かったしね!



早速ボトル鉢に植え替えてみる
この時10月の20日辺り。

やはりこのツンツンした葉っぱが気になる
大きくなるとこの形の葉っぱになるのかな?

葉っぱを触った感じで何となくそんな気はしていたけれど
この植物も乾燥には強いらしい。

多肉やサボテンが多いベランダとも相性が良さそう。



そして一ヶ月経過

まだ一ヶ月だし、もう寒くなってしまったので
それほど成長はしていないけれど
順調に根元から新たな葉っぱが生えだしている様子。

が、丸くてツンツンの葉っぱは出てこない
この葉っぱは本当に何なんだろう。

購入時で既に秋だったので来年の成長シーズンに期待。

初めてなので枯らさずに冬を越せるように注意しよう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´・ω・`)雨降りだったが暖かし

明日もそんなに寒くないとの予報
明後日からは冷え込み始め
予報では次の土曜、日曜の最低気温は0度まで下がるらしい。

遂に冬が本気を出し始めた。



そんな「クーペリー」記録

屋内避難する前の10月頃の状態

やはりこの多肉は涼しくなると活動的になるようで
中央部分の葉っぱがイキイキし始めてた。



一ヶ月経過

良い感じの葉っぱが中央から次々と生え始め
色も濁った状態から透明感が復活し始めた。

周囲にあるデロ~ンとした葉っぱとは
全然形状が違う。

水をあげていないからか、ギュッと詰まった感じの葉っぱ。



水をたっぷりあげていた去年の「クーペリー」の姿

健康そうと言えば健康そうだけれど
何だかズドーン!とした感じで何かが違う気がする。

今年は出来る限り水やりを控え
水分量によって葉っぱがどう変化し
どの位の水分量が一番綺麗な姿になるのかを調査しよう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(((´・ω・`))) さっむ・・・

気温は一桁、さらに雨降り
こりゃ寒すぎる訳だわい。

毎年、毎年どうしても右手だけ霜焼けが出来てしまう。

まぁ原因は長時間のPC遊びでマウスを握り続けてるからなのだけども。

もう今日から室内でも手袋を装備して
今年こそ霜焼けにならないようにしよう。



そんな「フォーカリア」記録

ちょっと変わった葉っぱが出始めたのが11月の10日頃

去年も経験しているからわかる
これは花芽だ。



それから数日経ち

ぐじゃ~とした花が開き始めた
最初は咲くのを失敗しちゃったのかな・・・?
と、心配だったけれど

去年も経験しているからわかる
この状態で数日経過した後に立派な花を咲かせるのだと。



そんな訳で去年の記録も調べてみた

去年の「フォーカリア」の咲き始め
ぐじゃ~っとした状態で数日間待機し



パァァァァっと咲く

今年もこの立派な花まであと数日


そして数日が経過
今年の「フォーカリア」はというと・・・



ぐじゃ~

失敗しとるやんけ!

カーー去年と同じ感じだから大丈夫だろうと安心してたのに
なんてこったい。。

不気味な姿に綺麗な花の対比が楽しみだったのに
両方とも不気味な姿になってしまった
無念なり。


去年の記録を調べてて気づいたけれど
咲いた時期がほぼ同じだった。

何でこんなにずれる事無く同じ時期に花を咲かせる事が出来るんだろ?
日照時間の長さで判断してるのか、気温で時期を把握するのか
でも、気温は年によってバラつきもあるだろうし・・・

仕組みはわからないけど、植物というのは大したもんじゃ。

そして今年の失敗の原因は・・・・・・・・・・・・・・・・・気温だな
うん、気温のせいだ、そうしとこう!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

銀杏

(´・ω・`)黄葉

今に始まった事では無いけれど
インターネッツ上の広告が凄く多くなった。

左下にも右下にも右上にも
何処も大体2~3個は付いてる。

消さなきゃ記事が見れないから
×ボタンを押して消していくけれど
広告消しも一苦労。

×ボタンが小さいから見つけるのも大変だし
ボタンを見つけて、押そうとするともう一つの広告が
下からゆっくり表示されてきて、間違えて押してしまう。

何だか色々と手が込んで来て
サイト巡りも大変な時代になってきたね。



そんな「銀杏」記録

ベランダで黄葉を楽しめるのは良い感じ。

初年度なので葉っぱの枚数が少ないのが寂しいけれど
来年はもっと賑やかになってくれると思う。

そして「銀杏」の隣に勝手に生えた「錦蝶」
「銀杏」以上の存在感になってきた。



接近してみると・・・

根元には親株から撒き散らかされた子株から
無数の芽が生えだしていた。

冬を越せるかどうかわからないけど
これ全部育ったら凄い事になりそう

来年生き残っていたらちゃんとした場所に植え替えてあげよう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(´・ω・`)順調そう

9月の始め頃にリセットした「ムシトリスミレ」

今まではミズゴケで育てていたけれど
別の用土での成長具合を見てみたく
鹿沼土に植え込んでから3ヶ月が経過。



順調に大きくなっている様子

ちゃんと根っこも張れているようで安心
鹿沼土でも問題無く育つ事がわかった。

「ムシトリスミレ」も日光に弱い感じなので
一年中出窓で管理。

出窓に取り込んだ他の鉢からコバエが発生したようで
早速2匹捕まえてくれていた。

やはりコバエ退治では「ムシトリスミレ」が一番優秀

どんどん退治&吸収して綺麗な花を咲かせて頂戴

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´・ω・`)冬支度


倉庫横の僅かな土に生えている「ツメレンゲ」

コンクリートの上に土が少しだけ積もっているような過酷な環境なのに
とても調子良さそうに成長していた7月の頃。



現在

厳しい環境なのに立派な花を咲かせてた。



そしてベランダで大事に育てようとしていた「ツメレンゲ」の子株たち

絶対に倉庫横よりこっちの方が土が多い。

ならばこっちでも成長するだろう
溢れ出る程の「ツメレンゲ」鉢に育て上げてやろう!

と、意気込んでいたのが7月の中頃



そして現在

何なのこれは・・・

殆ど成長しないまま紅葉で葉っぱが色付き、冬芽を作り冬支度を済ませてた。

花を咲かそう何て気はまったく無さそう。

何が違うのかなぁ~
倉庫横なんて土が無ければ、栄養分だって無いし
水だって雨頼りで常に干からびる寸前だし
日当たりだってそんなに良く無いのに・・・

わからんなぁ
なーんか下手に世話をせずに、放ったらかしの方が良いのかもしれない。

よし、来年は放置&放任栽培の実験をしてみる事にしよう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

苔記録

(´・ω・`)やる事が無いので苔工事

やろう、やろうと思いつつも先延ばしにしてきた苔工事
昨晩に丁度雨も降ったようなので修復作業を開始する事にした。



が、もう日も傾いた午後にはだいぶ乾いちゃってた。

半渇き



修復用に温存しておいた苔マット

十分使えそうな位に育った。



変色した部分の苔

変色部分もいつかは回復するんじゃないかと思い
ずっと様子を見てきたけれど
どうやら駄目らしい。



ので、変色した部分をひっぺ返す

勿体無いので生きてる部分は丁寧に残していく。



ぴっちり埋める

埋めた後は水をかけて良く踏みつけておく
ぎゅっぎゅっぎゅっと。



亀裂

台風で飛ばされた辺りは苔の密度が緩み
結構割れる。



ので、ここもぴっちり埋める

でも、ここはきっとまた割れる
割れなくなるまで何度も修復し続ける
苔ベランダは亀裂との戦い。



広範囲の変色

わかりにくいけどここの苔も死んでる。



綺麗に除去

かなり大量に除去。



生きてる苔を移植

隙間の形にカットして上手くはめ込む。



こっちも広範囲変色

苔が乾いてしまっているので死苔との見分けが難しい。



ので、大体でひっぺ返す

まだ死苔が残ってる感じだけれど
苔マットの在庫も少ないので
今回のひっぺ返しはここまで。



残りのマットをはめ込む

雑だけれど、まぁ大丈夫だろう
そのうち馴染む、馴染む。



縁の欠けた部分が気になる

ので、余った苔をかき集めて



はめ込む



だが、そのうち馴染む、馴染む



反対側の苔絨毯
6月頃の状態

変色や、完全に枯れ尽くし黒くなった部分が結構あり
こちらも修復が必要かなぁ~と思っていたけれど



現在の反対側

思っていた以上の回復ぶり。

褐色部分は全て回復し、黒色部分もかなり小さくなってきている様子。
(右側の変色は乾燥している時の色)

元々1年そこいらで完全回復するとは思っていなかったので
全体的に中々順調な成長具合。



死んだ苔

この中にも若干生きている苔が紛れているので
一応養生ケースに入れ屋根の隅にでも置いといてあげよう。

苔の在庫が少ないから少しでも復活してほしいもんです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´・ω・`)やる事が無くなった

面倒だった水遣りも屋内避難したら楽になった
が、楽になったら楽になったでやる事が無くなり寂しい。

秋になり土の乾きも遅くなってきたので
乾いたかな?乾いたかな~?
と、土の渇きばかり気にしてる。

面倒だと思っていたけど、自分がこんなに水遣り好きだったとはね。
早くじゃんじゃん水をあげられる季節になってほしい。

夏はこないだ終わったばっかりだけどもさ!



そんな「虹の玉」記録

新天地へ植え付けた直後の8月頃の事。

茎を細かく切断し、田植えの様にプスプスッと挿していった。



4ヵ月後の「虹の玉」

だいぶ伸びてきた
が!結構間延びしてる感じがする。

原因は・・・水のあげすぎだね!HAHAHA
水遣りが楽しいからってあげ過ぎちゃってたよ。

土も今までのサボ土よりも保水力のある土へ変更したし
鉢も今までのより何倍も大きくなった
ので、中は全然乾いていなかったのだと思う。

来年は水遣り頻度を減らし
完全に雨任せ程度でも良いのかもしれない。

この鉢は軒下に置いてあるので
軒下まで吹き込む雨は夏場でも数回程度
でも、その位でも良さそうな感じ。

人間の出る幕は無さそう、寂しい。

けども、間延びを防ぐ為に来年は我慢せねば。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

アスパラガス

(´・ω・`)異文化観察

ある日、ブラジル人の奥さま?か娘さんなのか
二人の女性が外で喧嘩をしていた。

(おぉぉぉ!凄い場面に遭遇した!
 流石は外人さんじゃ!女でも激しいのう・・!)

と、サササッ!とブロック塀の裏に隠れながら
野次馬聞き耳を立ててやり取りを聞いていると

今までポルトガル語でやり合ってた外人さん達が
ヒートアップすると突然カタコトの日本語で喧嘩をし始めてた。

女1:オマエバカヨー!
女2:アンタコソバカ!
女1:ウルサイヨ!バーカ!
女2:ダマレ!バカオンナ!

さっきまで母国語でやってたのに、何故突然日本語でやり始めたのか?

これはきっとお互いの得意な言語でやり合うと
収拾が付かないところまでいってしまうから
ある程度のところ以降は別の言語で・・・
という、暗黙の了解があるのかもしれない。

しかし、日本語は相手を罵倒する語彙が少ないからなのか
ここまで「バカ」を多様する口喧嘩を始めて目撃した。

グローバルな時代ですなぁ



そんなアスパラ記録

良かれと思い、直射日光に当てたらボロボロになってしまった
そんな今年の5月頃。

この後も次々と葉っぱは抜け落ち、枯れ落ち
無様な姿になってしまったので



全伐採

この時5月の後半頃。



それから約5ヵ月後

やっと復活してきたので記録
が、背景の苔と色が被り上手く撮れない。

光に当てたらどうかと試すが



これもいまいちわかりにくい

ベランダ床で撮ると色飛びするので
アスパラは記録が撮りにくし。

撮影は出来ないけれど、次々とフワッフワの細かい葉っぱを出して
成長自体は順調そうなので満足。

アスパラは外環境よりも屋内の出窓くらいの
光量が丁度良いようなので屋内プランツとしてぴったりだと思う。

今更だけどアスパラにペットボトル鉢は似合わなかったなぁ
いつかちゃんとしたシャレオツな鉢を用意してやらねば。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ホテイアオイ

(´・ω・`)ホテイも終わりの季節

夜の気温が急激に寒くなってきたので
「ホテイアオイ」も室内へ収容する事にした。



「ホテイアオイ」8月の頃

猛暑の中、うっかり腰水を切らしてしまい
葉っぱを枯らしてしまうミスがあった

が!今年は咲いてくれたから良かった、良かった。
本当はもっと沢山咲く感じなので
来年はもっと肥料分マシマシで挑戦してみよう。



屋内避難の準備を始めた9月の頃

一番勢いの良さそうな株を来年用に植え直した。



まだまだ成長出来る10月の頃

ランナーを次々に出し、子株が増殖。



寒さで成長が止まる11月の頃

葉の色も陰り始めたのでここいらが限界
出窓の西日で寒い冬を耐え抜いて頂こう。

後は腰水の空きパック内にボウフラがいない事を祈るのみ。

去年は真冬になっても、何故か室内に蚊が多いので
おかしいなぁ~と思ってたらホテイパックが発生源だった。

何度もチェックしたから大丈夫だとは思うけれど
今年はどうなるかねぇ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´・ω・`)田代マーシーまたやっちゃった

youtubeでちょこちょこ見かけていたから
もう今度こそ大丈夫なのかな
と、思っていたら駄目だった。

薬物で出所した人には定期的な検査を義務付けるとか駄目なのかな
定期検査があれば抑止効果もありそうだし
検査が面倒でも本人の為にもなるだろうにね。

薬物は一度やったらやめられんよ、という事を
マーシーはまた身をもって教えてくれたね。



そんな「春萌」記録

植え付け直後



現在

透明感のあるグリーンが綺麗になってきた
シャインマスカットのような姿で美味しそう。



5月頃の「乙女心」

冬明けで随分寂しい感じになってしまった状態。



から、約半年経過

ちょこちょこ挿し戻しを繰り返し
ここまで復活させる事が出来た。

ここでまた冬越しをしくじると
また来年の春に寂しい状態からのスタートになってしまうので
今度こそ枯らさずに冬越しを成功させねば。

「乙女心」は葉っぱの先端が赤く紅葉するのだけれど
まだ寒さが足りていないのかな。

紅葉も楽しめるのが多肉の魅力なり。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

どんぐり

(´・ω・`)冷えてきた

今週辺りから最低気温が完全に10度を下回ってきた。

週末にかけては5度までいっちゃうらしい
屋内避難をさせておいて正解。

これだけ涼しくなればもう良かろう
と、2度目のどんぐり拾いに行ってきた。



今回落ちて無かったら来年の楽しみが一つ減るなぁ

と、ソワソワしながら森へ入ると・・・



沢山あったわ

そういや前回はまだ暑かったし、蚊は大量だったし
時期が悪かっただけなのね。

そしてどんぐりは見てるだけでワクワクし
童心に帰ってしまいますなぁ

童心に帰り過ぎて、意味も無く大量に集めちゃったけど
とりあえず持ち帰っておこう・・・フフフ



どんぐりと苔

美しい・・・いつの日かこれをベランダで再現したい。

ベランダで育ったどんぐりの木
秋になり苔絨毯へ落ちるどんぐりの実。

想像しただけで楽しそうな未来。

ベランダでどんぐり何てシャレオツだわぁ~

と、探査を続けてると・・・・



山栗発見!

前回よりも落ちている数が多い
これなら期待出来るかと探しまくるが



中が空の実ばかり

どうやら獣か人か先客がいるらしい
落ちた実はすぐ虫にも食べられてしまうし
栗拾いは中々難しいもんじゃ

通常の大きな栗より、小さい栗の方がベランダに合いそうなので
山栗欲しかったんだけどなぁ・・
と、しつこく空のイガをひっくり返して探していると・・・



山 栗 発 見 !

食い残し、もしくは採り残し発見!

うーし、うし!山栗を入手出来た
これで満足。



アケビの出来損ないも落ちてた

本当はもっと大きく育つはずだけど、これはちっこい
が、種はしっかりしていたので一応種だけ採取しておいた。



で、帰宅

良さそうなどんぐりたちを並べ
さらに良さそうな実を厳選。



この7個の実をプランターに埋める事に・・・ん?

画像で見てから気づいた・・・
一番大きくて有望だった栗の尻に穴が空いてる。。

これきっと虫食いの穴だ
他のは小さく、ちゃんと芽が出るならこのでかいのだろうなぁ
と、期待してたのになんてこったい。

虫食いでも芽が出るかもしれないので、一応埋めて
第二候補のどんぐりも埋めて
春を待つ事にする。


埋めた後のプランター記録を忘れたので、文字で記録しておこう

上4個が栗
下3個がどんぐり

春の楽しみが増えた。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

サボテン

(*´・ω・`)知らんかったわぁ

恥ずかしながら、油揚げの作り方を最近知った。

アレって薄い豆腐を油で揚げて作っているらしい。

という事は、豆腐と油揚げの味噌汁は
形は違えど、中身は同じ材料だったという事だったんだね。

豆腐も大豆、油揚げも大豆、さらに味噌まで大豆
良く考えたら豆ばっかり。



そんな「金盛丸」記録

そろそろ今年も終わりかけなのでまとめ始めよう。

今年のまとめなので2019年の記録を調べると
ここいらが一番最初かな。

4月辺りの様子
春になった直後で色も悪く、子株も枯れ落ちるんじゃないかと
不安だった頃。



ここから2ヶ月経過

6月になり気温の上昇とともにグググッと子株が膨らみ
次から次へと子株が芽吹き出し、賑やかになってきた頃。



そして4ヶ月経過した現在

どの子株も枯れ落ちる事も無く
全て順調な状態で年を終えられそう。

来年はこれどうするかなぁ
子株をそのまま育てたらどうなるのかの調査中だけれど
このまま生長させていくとサボテン同士で
針の刺し合いとかにならないのかな。

大きくなる為のスペースも狭くなり
このまま成長を続けてくれるのかもわからないし・・・

ふむ・・・まぁ、もう1年くらいは様子を見る事にしよう。

植え替えはトゲも怖いしね!



ダイソーサボテンの1年

結局名前がわからないままの謎サボテン

春になったばかりの頃はサボ肌の色も悪く
本体自体も枯れないかどうか不安だった4月頃。



3ヶ月経過した7月頃

こちらも気温が上がると勢いを取り戻し
ポコポコと子株が芽吹き出した。

小さなボディーに似合わず、意外と子沢山で
凄い増殖力だなぁ~小さくて可愛らしいなぁ~
と、微笑ましく眺めていたら・・・

4ヶ月で・・・




ぎゅうぎゅうになった。

子株に栄養取られてんのか本体が全然大きくなってないじゃん!

子株の成長具合も嬉しいけれど
立派な本体も見たかったよ。

子株の数を数える・・・・見えない部分のも入れると
17個もあった。

これじゃ来年も本体の成長・・どころか
花も見れないかもしれないなぁ。

う~ん・・・まぁ、こっちももう1年様子を見よう
トゲも怖いですしね!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村