FC2ブログ

苔ベランダの観察記録

苔や多肉の記録です

がじゅまる

(;´・ω・`;)急激にむぁ~っとしてきた

夜から朝方にかけては涼しかったのに
急に気温が高まってきた。
と同時に湿度も凄まじい事になってきた。

家の中と外の温度差で、窓の外側が結露してた。

そして「ガジュマル」記録。

以前から気になっていた胴体部分
この胴体があると、新しい枝はみんなここから出てしまうので
どうも形が気に入らない。

ので、思い切って伐採してみた。

伐採完了。

ウエストがキュッとした。

しばらくすると新芽が伸び出した。

うむ、やはりこっちの方がシルエットが良い感じ。
腰回りから葉っぱがドババッと生えてくれるとかっこ良さそう。

うむうむ、思い切って正解だった。

調べてみると「ガジュマル」は熱帯雨林が故郷らしい。
今日のような熱帯の密林気候は
「ガジュマル」にとっては故郷のような気候なんだろうね。

人間にとっては辛いので
ガジュマル気候は今日だけにしてほしいですなぁ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

雑記

(´・ω・`)タッチパネル嫌い

最近何でもかんでもタッチパネルばかり
カーナビも、扇風機のリモコンも、換気扇のスイッチまでタッチボタン。

カチカチと押している感じがしないのも嫌だけれど
反応しなかった時に、ボタン式の時よりイライラするのは何故なのか・・・
困った時代になったもんじゃ。

そんなアジサイのお花見。

アジサイは雨&曇天が良く似合うねぇ
カタツムリでもいればさらに美しかろうと、ガサガサ探すと
中から蚊が大量に出てきてたっぷり刺されてしもた。
やはりお花見は遠くから眺めた方が良いすなぁ。


「ホテイアオイ」の変化。



2ヶ月でまーだこんなもん

退屈だったのでマッシュの茎もいくつか埋めてみた。

去年は花を咲かせる事なくシーズンが終わってしまったけれど
このペースだと今年も不安。

調べてみると7月から秋頃にかけてが開花期らしいけど
もう7月入りますぞぉ。。

右半分の睡蓮スペース。

2ヶ月前はまだ葉っぱもまばら。

現在の睡蓮スペース。

こっちはこっちで既に花は終わってしまい
葉っぱがワサワサ茂っている状態。
一休憩してもう一度咲き始めてほしいもんです。

玄関の睡蓮鉢。

梅雨時は好きな花が沢山あって良いですなぁ。

ジトジトの嫌な時期だからこそ楽しみを見出していかねば。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´・ω・`)また雨降るよ

今夜から明日の朝にかけて大雨になるらしい。

我が家の多肉管理は適当なので、乾いていたら雨に当て
長く続くようなら多肉台の下に取り込む程度しかやってないけれど

水分量をしっかり管理したい人や、多肉の姿を崩したくない人は
雨を常に警戒し、毎回取り込んでいるらしい。
綺麗な姿を維持させるのも大変なもんです。

そんな雨の過剰水分で怖いのが根腐れと葉割れ。
幸い根腐れはまだ起きた事が無いけれど
若干の葉割れは起きたので記録。

一番奥の葉っぱの表面に裂けた痕。

これはかなり軽微な葉割れ。

多肉の用土が過剰に濡れていると、根っこからガンガン水分を吸い上げ
葉っぱが裂けてしまうらしい。

パツンパツンの姿は多肉らしく可愛らしいけれど
限界を超えるとバリッと裂けてしまう。
恐ろしいもんじゃ。。

多肉自体が健康体なら、割れても枯れる事は無いようだけれど
限界なら限界で自分で吸い上げをストップしてくれても良いのにねぇ。

欲張りな植物ですなぁ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

梅仕事

(´・ω・`)さぁ~て、梅仕事の時間だ

今年の梅は購入時点でだいぶ熟されとるね

黄色い、そしてやっこい。

通常は追熟の為に1~2日は放置するんだけれど
これだけの熟度ならそのまま漬けちゃう。

ヘタの部分は一番カビやすく、痛みやすい部分なので
全ての梅のヘタ部分に塩を詰め込むようにしています。

塩を詰め込んでおけば、梅酢の上がりが遅れても
カビが生えないので安心です。

今年は1kgだけなので、ビニールに入れて漬ける事にします。

後は夏の強烈な太陽が照り始めるまで熟成させときます。
終わり。

思い返してみると、私が梅干し作りを始めたのは高校生の頃からだけれど
一体何がきっかけで作り始めたんだっけな・・・

確か一番最初に作った梅干しは、作り方も手探りだったから
硬いし、渋いし、塩分は強烈だしで
とても食べられた物じゃないのが出来上がったんだったなぁ。

今でも食べられずに取ってあるので、きっと死ぬまで残り続けるんだろう。

数十年寝かせたら美味しい梅干しに生まれ変わったりせんものかねぇ。

梅干し作りは楽しい趣味なり。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´・ω・`)本日は晴天

明日も晴天、その翌日からはまたながーく崩れるらしい。

崩れたら崩れたでアジサイが見ごろなので
雨天花見が楽しめそう。

そういえば今年の梅雨は涼しい気がする。
例年通りだともっとジトジトしてた感じ。

そんな「センペルビウム」の2ヶ月記録。

購入時点でも結構しっかりした姿をしていたセンペルさん。


それでも2ヶ月経過するとさらにがっちりしてきた。

この状態はすこーし水を欲している状態。
葉っぱが中央にギュギュッと寄ってきている。


雨が降った後のセンペルさん。

葉っぱがバババッと開きかっこいい。

やはりこう見比べてみると、たった2ヶ月でも随分変化してきてる。
色が変わった、葉数も増えた、そして全体のサイズも大きくなってきた。

もっと他の色とか形のがあれば欲しいんだけど
あまりお店で見かけないんだよなぁ。

灯油を買う頻度が減ってしまったので
ホムセンから足が遠退いちゃったけど、もっと小まめにチェックしに行かねば。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

カタバミ

(´・ω・`)雑草コレクション

「カタバミ」
芝生を育てている人からはとても嫌われている厄介者。
ツルのような芽が芝生の間を縫うように成長し、除去が難しい。
そして根っこは太く、地中深くまで張り
途中で千切れるとそこから再生するのでこれまた除去が難しい。
さらに大量に花を咲かせ、大量の種を撒き散らし、やっぱり除去が難しい。


そんな嫌われ者の「カタバミ」が好きで前から育ててます。
植え付け直後


数日後。

渋い色の葉っぱがかっこいい。

残念ながら今日は花が咲いていなかったけれど
ちょこちょこ咲かす黄色い花が綺麗。

「カタバミ」には種類があり、紫タイプと緑タイプがあります。
紫タイプは芝生の中から入手出来たけれど
緑タイプが見つからない。

見つかる時にはすぐ見つかるんだけれど、どうにも見つからんので諦めていたら
ある時、苔の中に落ちていた種から芽を出していた緑タイプを発見!

(*´・ω・`)ウヒョー

何て良いタイミング、というか「カタバミ」の種ってこんなにでかいんだ
りんごの種くらいありそう。


即植え。

葉っぱ一枚からのスタート。

そして2週間後

だいぶ一人前になってきた。

早く鉢を埋め尽くすほど繁茂し、沢山花を咲かせてほしいもんです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

謎種

(´・ω・`)種ひろた

台所を歩いていると、何かを踏んづけた。
ゴミでも踏んだかね?と良く見てみると正体不明の種2粒。
何故こんな所に種が・・?これは何の種なんだろう・・・


種まきフェチの血が騒ぐ・・・
 
よし、埋めよう!

もっと無いかと床に這いつくばって探したけど
見つかったのはこの2粒。

1週間で双葉が出た。

生きていたのは一つだけで、もう一つは芽が出なかった。

念の為、もう数日待機した後

余っていた鉢に移植。
現時点では何の植物かは全然わからんちん。

屋内で拾ったんだから、野菜か何かの種なのか
それとも何かで運ばれてきた雑草の種なのか。

出来たら野菜の方が良いけれど、楽しいから雑草でもいいね。

正体がわからないまま埋める事こそ種まきフェチの醍醐味よ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(*´・ω・`)ウィ~
 つ梅

梅酒の中に入ってた梅。
毎回捨てるのが勿体無くて、全部食べてる。
アルコールが濃縮されてるのか、いくつか齧ってるだけでかなり効いて来るよ。
食べて酔う、つまみいらずの、梅酒梅。

そして「高砂の翁」観察。

こやつ何年経ってもまったく姿が変わらない。
全然動いていない訳では無く、新しい葉が生えては古い葉が枯れ
古い葉が枯れると新しい葉が生えるの繰り返し。

葉が大きくなるでも無く、小さくもならない。
常に一定のペースで一定のサイズの葉を出し続けている。

画像検索で他の人の翁を見ると、かなりゴージャスな姿で
もっともっと大きくなってるんだけどなぁ。

この鉢のサイズにあった大きさを翁自身がキープしてるのかも。

ふむ、これはこれで良しとしよう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´・ω・`)ムクムクしてきた

厳しい冬場の影響で
風前の灯状態になってしまった「紅輝炎」

ポロポロ、ポロポロと葉が抜け落ち
諦めムードからの数ヶ月経過。


かなーりムクムクしてきた。

ここまで回復すればもう大丈夫だろう。

後は夏場に向けてグングン成長しとくれ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

マルバルコウ

(´・ω・`)やったぜ

かなーり伸びてきた「マルバルコウ」
手すりへ誘引する為、鉢と手すりを紐で繋ぎ
ツルをクルクルッと巻きつけてみた。

これから伸びたツルはみんなここから手すりへと向かわせよう。


さらに数日経過すると今年一番の蕾を付けた!
(*´・ω・`)ヒャー遂に我が家でもあの綺麗な花を観賞出来るのかぁ

と、ワクワクしながら翌日見に行くと既に萎んでた・・・
調べてみると、どうやら午前中で萎むらしい。


・・・萎むの早すぎるわ!
そりゃアサガオの仲間だから、早めに萎みそうだけど
もうちょい咲いててくれよぅ。。

確か去年育てていたアサガオは咲いてるところを殆ど見る事が出来なかったなぁ
観察しに行くといっつも萎んだ花ばかり。

今年はあんな寂しい思いをせんようにしっかり観察せねば
まだまだチャンスはいくらでもある。フフンフン

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村