FC2ブログ

苔ベランダの観察記録

苔や多肉の記録です

多肉植物

(´・ω・`)まーだ植え替え残りがあった

頭が二つに分かれ、不恰好になってしまった「ヘルバセアモアーズ」

このままじゃ格好悪いので挿し戻す事にする。

引き抜いてみて驚いた。

これしか根っこ無いのかい・・?
いくら多肉でも少な過ぎやせんかね?
調子を崩していたのか?と、思いきや
問題無く育っていた感じだったし・・・

あまり根っこは必要としない種類の多肉だったのかな
まだまだ良くわからん事が多いわい。

リセット後

さっぱりしたところで今期も立派に育っておくれ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ウォーターマッシュルーム

(´・ω・`)久々のお湿り

5日に1回くらいのペースで降ってくれると
鉢植えも苔も適度に濡れてくれて管理が楽。
この日の為に昨日、一昨日と水遣りをさぼっていて正解だった。フフフ・・・

そして不調な「ウォーターマッシュルーム」

このやる気の無い葉っぱの生え方で原因はわかる。
こりゃ根詰まりだな。


ひっぺ返してみると、かなりの混雑状態。

ひっぺ返すと毎回思うのだけれど、マッシュは一定の層までしか
根を張ってくれないのかね?

炊飯釜を使用しているので中に水が貯まり
それが原因で下の方まで根を張ってくれないのか?

気になったので、ドリルで釜に水抜き穴を開けてみた。
貯まった水が原因なら今度は下の方まで根が回ってくれるだろう。
結果は次回のひっぺ返しで調査しよう。


植え替え完了。

マッシュは増えていく様子が楽しいので
千切った4切れのみを植える事にした。

面白い葉っぱなので早くわさわさに茂ってほしいもんです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

苔鉢

(;´・ω・`)ふぅ~連日の夏日

明日からは涼しくなるらしい
まだ5月、暑くなるには早すぎるわい。

毎回多肉を植え替える時、用土をふるいにかけて
細かい砂を取り除いています。

この砂が多いとすぐ鉢が詰まり、水が流れなくなります。

集まった砂は捨てるには惜しいので
水はけが良すぎる鉢などに投入し、再利用しています。

今回は土が減り、ボコボコになってしまった苔鉢に投入

勢いでどっちゃり入れちゃったけれど
上から水を流せば砂が苔の隙間に流れ込み、何とかなるだろう。


何ともならなかった。

窪んだ部分に生えてた苔を埋めてしもうた。。
が、時間が経てば下から芽を出し
綺麗な苔絨毯になってくれるじゃろ。

大丈夫、大丈夫。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(;´・ω・`;)いやーあっつい

ヤフー天気で確認すると30度越え
湿度は低く乾燥注意報。
来週の水曜辺りからはちょいと崩れてくれるらしい。

下の方を見てみると、今日明日の指数情報というのがあった。
洗濯や傘や紫外線等を指数で表示してくれている。便利でござる。
その中にビール指数なるものを発見、こんなのあったのか。

何々・・・今日はジョッキが4杯半、コメントは・・・
「ビール日和!冷やすのを忘れずに」との事。

ビール日和ならば仕方が無い、今夜の言い訳はこれにしよう。
便利でござる。


ずっと放置してあった、最後の植え替えメンバー。
徒長しまくりの「錦蝶」


この先どう変化していくのかわからないけど
先端カットでリセット。


「黒兎」も順調に徒長していた。


こちらも先端リセット。


これでリセット多肉は最後かな
GW中に全て終わらせる予定がダラダラしてたらここまで延びてしまった。

多肉も人間もだらけとるな。
フフンフ~ン♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

苔記録

(´・ω・`)貼り付け一ヶ月

動きが見えてきたので記録。

痛んでしまった部分も徐々に復活しそうな部分と駄目そうな部分に分かれてきた。

復活しそうな部分。

枯れたっぽい色のところから緑色の新芽が出始めた。
死んで無かった、良かった。

駄目そうな部分。

枯れた色をしている部分
こちらからは新芽は一切出ていない様子。
この様子ではもうアウトっぽい気配。

こんな感じの箇所が他にもあり、被害はまだまだ出そう。
一ヶ月程度で元通り何て思っちゃいなかったけれど
結構な大損害。

苔ベランダへの道のりがまた遠のいてしまったわい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(;´・ω・`)うぅ~油っぽ・・・

上等なお肉を頂戴する機会があったので
卑しくもガツガツと食べてしもうた。

そして食べた後、毎回油で苦しんでいる気がする。

がっついて食べる物では無いと、わかっちゃいても
霜降りという響きに惑わされ許容量を越えて食べてしまう。

やっぱり普通のお肉の方が美味しいですなぁ

油まみれの「ロンゲプラクテアータ」記録

冬場の好調だった頃。
次から次へと葉っぱを出し、色も張りも透き通った窓も順調。
特に窓の部分はナタデココのようでとても旨そうだった。

そんなロンゲの現在。

干からびた。

ほんと遮光に遮光をしているのに、何故にこうまで調子を崩すのか
葉の色はまだ青々としてるが、窓の部分は何とも微妙。
旨そうなナタデココ感が失われてしまった。

放っておいても仕方が無いので
脇芽を毟り、すっきりとだけさせておく事にした。


収穫した脇芽は単独鉢に移植し屋内で様子を見てみる事にする。

透明系のハオルチアはほぼ全て調子を崩した様子。
これで屋内組の調子が戻るようならば
我が家ではハオルチアは外で育てない方が良いのかもしれない。

インドア派な多肉ですなぁ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´・ω・`)大雨の次は日照りの始まり

天気予報を見るとずっと晴れ。
大雨の後なので、もっと湿度が上がるかと思っていたけれど
意外とカラッとして丁度良い感じだった。

が、苔の乾燥は激しそうなのでちょいちょい水を撒いてあげよう。

そして冬場の好調だった頃の「クーペリー」

ちょーっと徒長気味なのかな?と、思ってはいたけれど
色も張りもとってもよろしい。
今となってはこの頃が一番調子が良かった・・・

現在の「クーペリー」

外の日差しで色が濁り、葉っぱもなーんだか萎びてきてしまった。

日焼けしないように、屋根の下へ置き
さらにお手製のへっぽこ屋根まで作ったのに、これでも遮れきれていない様子。


このままだと去年の夏

の、無残な姿の二の舞に・・・

状況を見守りつつ、これ以上悪化するようなら
この鉢も屋内避難を考える事にしよう。

ハオルチアは全般的に難易度が高いですなぁ
みんな良く綺麗に育てられてるもんじゃ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

苔記録

(´・ω・`)アイヤーまいったまいった

乾いた状態での強風で、苔が飛ばされるというのは何度もあったけど
濡れた状態で吹き飛ばされるは前代未聞。

これは貼り付け直後の脆さも原因かねぇ。

吹き飛ばされたのが2箇所だけだった事は良しとしよう。

酷い大嵐だった・・・


鉢植え用の観察苔もパコッと飛ばされひっくり返ってた。

苔には他の植物のような根が無いので踏ん張りが効かんです。


貼り付けてから一ヶ月が経った。
徐々に復活しそうな部分と駄目そうな部分が見えてきた。
茶色い部分は小さな新芽が動き出し、白くなってしまっている部分は動き無し。
全体が安定してきたら枯死してしまった部分を除去し
新鮮な苔で埋めてあげよう。

早く青々とした姿に戻ってほしいもんです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´-ω-`)Zzz・・・

今日のお買い物は二度寝により、ホムセンへ行く時間が無くなってしもた。

そういえばお正月に決めた今年の目標は「二度寝をしない事」だった。

お正月が終わる頃には一年の目標を忘れ
一年も半分に差し掛かろうかという頃に思い出すとは・・・

今日以降は二度寝を戒めよう。まだ半分ある。まだ半分ある。

そして何だか不調の「オブツーサ」

徒長は仕方が無い。長い屋内生活だったので
外へ出せばその内回復するだろうと納得していたけれど
この白濁りは納得出来んよ!
光量が強くなり過ぎないように、屋根の下&手作り屋根の2段構えで光を遮っているのに
まーだ光が強いらしい。

これ以上の光を遮るとなると、また屋内に戻すしか無いけれど
屋内に戻すと徒長が治らないというジレンマ。

「オブツーサ」の美しさを保つというのは難しいもんだなぁ。。

株分けした子株。

色々試す為に別鉢へ移植。
こちらの鉢は屋内に持ち込み、出窓での成長具合を観察してみる。

他の多肉栽培者たちの「オブツーサ」は我が家のとは比べ物にならない程に
プリプリのツヤテカになっている。

これは何か栽培方法が違うはず。
色々試し、今年こそ栽培のコツを掴めるようにしたいもんです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

サボテン

(´・ω・`)「白星」育毛計画

買ってからずっと植えっ放しだった「白星」
鉢はパンパン、さらにどうも毛が綺麗じゃなく、調子が悪そうだった
ので、植え替えをし新たな鉢へ移動したのが2年前。


各株にゆったりスペースを与えてあげた。

この環境なら存分に成長出来るだろう。
と、油断していたら・・・


禿げ始めた・・・

脱毛は止まる事無く進行し。。

事態はさらに深刻に・・・!ヒィィィィ(・ω・`;)

それどころか数株を残し、殆どの株が枯れるという惨状。
ここからしばらくの間、枯れず、復活せずの膠着状態。


そんな中、去年の夏に僅かだけれど発毛を確認!

(*´・ω・)うーし!うし!生えろ!生えろ!!



そして一年の月日が経った。

現在の「白星」

育  毛  成  功 



嬉しいので接写。

ポワッポワッの羽毛が地肌を包み始めてきた。

さらに別アングル

綺麗な羽毛になってきた。

回復してきたのでちゃんとした鉢に植え替えてあげたいけれど
ここで移植し、また調子を崩してしまうと大変なので
もうしばらくはこのまま養生させていきたいと思います。

「白星」本来の美しさが戻ってきたようで何よりです。
ふぅ~良かった、良かった。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(*´・ω・`)ウヒャー

前回の記録後、さらにコバエ共を捕獲していたので追加記録。

すっごい量!!!よっぽど魅力的な匂いが出てるのかもしれない。
市販のコバエトラップや有名なめんつゆトラップよりも効果がありそう。

この大戦果が嬉しかったので、家族の皆さん達に自慢しに行ったら
「気持ち悪いから持ってくるな!ばかたれ!!」と怒鳴られてしもた。

ふん、もう台所でコバエが発生しても「ムシトリスミレ」は貸してあげませんよ。

そして「サスマタモウセンゴケ」

次から次へと新芽を出しており、中々調子がよろしい感じ。
ゼンマイの芽みたいに、クルクルッとしたのが新芽。

以前、トンボがモウセンゴケに捕まっている画像を見た事がある。
(こんな細い葉で捕まえられるのかな?)と思っていたけど
これだけ何本もあるとトンボも捕まえられそう。

粘液もドバドバだし、この中に突っ込んじゃったら逃げられんだろうなぁ

今年はどんな虫を捕まえるのか楽しみなり。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ゴーヤ

(´・ω・`)憧れのグリーンカーテン

以前からグリーンカーテンなる物に憧れており
いつかはやってみたいなぁと思っていたところ。

ホムセンでゴーヤの苗を見かけたので即購入。
このまま成長させ、背後の手すりに絡ませれば
良い感じのグリーンカーテンに・・・いや、グリーン手すりになってくれそう。

夏場に向けて、強光が苦手な多肉の日傘にもなり
これは丁度良い事になりそう。

ゴーヤの実自体は食べた事無いし、苦いらしいので
あまり興味は無いけれど、折角ならば一つくらいは食べてみたいもんです。

とにかく葉っぱ!葉っぱが大事!!葉っぱはどんどん伸びて頂戴!!!


ついでの「ハエトリソウ」

普通の葉っぱしか出さなかった「シャークティース」が茎を伸ばし始め
「シャークティース」の特徴が出始めてきた。

後は葉っぱが開いた後、葉の淵がまつ毛のような棘では無く
サメの歯のようなギザギザになっていれば完璧。
 
葉っぱが開くのが楽しみなり。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´・ω・`)徐々に回復し始めてきた多肉たち

前回の記録
寒くなり、あれよあれよと葉っぱを失っていった「紅輝炎」

この後も脱葉は続き、茎だけになってしまったが

ちょこちょこと新芽が出始めた。

いつもなら一つだけ残し、他は全てカットしてしまうけれど
面白そうなので今回はこのまま全て成長させてみる事にする。

屋内の弱光で完全に軟弱化してしまった「ロスラリス」

緑色の姿が何ともなよなよしい。

外に出したら一発で日焼けした。

日焼けは想定内、軟弱化した葉は全て焼け落ち
中央からシャキっとした葉っぱが生え出した。

この葉が生え揃う頃には綺麗な姿に戻ってほしいもんです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´・ω・`)治った。

腕を上げたり、捻ったりする事が出来なくなった五十肩。
治るまでに一年くらいかかるとの事だったので
覚悟を決めていたが、1週間ほどで完治。

もしかしたら五十肩では無かったのかもしれない。
何にしても訳のわからない不調は怖いもんです。

若い頃は大人たちの言う「体にガタがきた」の感覚が良くわからなかったけれど
流石に三十数年も生きると徐々に意味がわかってきた。

原因不明の眩暈や間接、腕、足、腰の痛み
何処とはわからないけど、いきなり痛み出す謎の内臓の痛み。
突然ギギギッと痛み出すから怖い。
が、すぐに治るからすぐに忘れる。
こんなのが増えてきた気がする。

何処も痛くない状態の幸せさを噛み締めつつ多肉記録。
相変わらずピンボケの「恋心」

これも冬場の影響でのっびのび。

枝を切り詰め、同じ鉢内に挿し戻しておいた。


そしてこちらもピンボケの「乙女心」


同じく挿し戻し。

太陽光さえ浴びていれば元のシャキっとした姿に戻ってくれるので
成長後が楽しみ。

むむ、予報によると明日は雨予定らしい。
苔の水分補給をさぼっていたので、丁度良いタイミング。

たっぷりと潤して頂こう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´・ω・`)虹の記録

ベランダに戻してから2週間
しょぼくれ状態からだーいぶ回復してきた。

久しぶりなので記録を振り返ってみる。

昔はベランダに沢山生えていた「虹の玉」
しかし徐々に勢力を減らし、絶滅したものだと思っていた。

が、他の多肉に混じって3株だけ生存しているのを発見。


その3株を救出し「虹の玉」の復活計画を開始したのが
2016年の夏

丸鉢の方は栽培に失敗して、残るは一株だけになってしまった。

翌年、最後の一株から子株が生まれた。


新芽の上から切断し、切られた側を挿し戻し、除去した葉を葉挿し


一ヵ月後、葉挿しの種葉が一つ腐ってしまった以外は順調。


さらに一ヵ月後、葉挿しの種葉からも新芽が出る。


2017年の夏頃にはかなりの子沢山になってきた。

「虹の玉」は季節によってかなり色の変わる多肉で
暑い時期は緑色が強くなる。

大きくなった芽をまたカットし、植え込みに邪魔な葉と分離する。


さらに挿し戻し&葉っぱのばら撒き


夏が終わる頃には殆ど全ての葉から芽が出た。


真冬の寒さで真っ赤に染まった「虹の玉」


鉢が狭くなったので大きな鉢に植え替えたのが
2018年の春。

鉢から引っこ抜いたまま移植。

一ヵ月後、伸びた株を伐採し、種葉と分離。

この辺りから増殖が加速する。

元手が多いので一気に増やす事が出来た。


2018年の夏が終わる頃には

かなりの勢力を取り戻した。

ちょこちょこっと

収穫しては

空いているスペースにばら撒く


これを繰り返し

現在に至る。

結構時間はかかったけれど、もう「虹の玉」の絶滅は回避出来た。
そろそろこの鉢も埋まり尽くすので
次の新天地が必要なのかもしれない。

何か浅めで横に広い入れ物があれば
さらなる勢力拡大を狙いたいところ。

「虹の玉」増殖計画はまだまだ終わらんよ・・・!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

ヽ(´・ω・`)ノ やったあああ

遂にバナーの設置に成功した。

以前から他の人のブログを徘徊していると
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
これ、このボタンを良く見かけ
(自分も付けてみたいなぁ)と、やり方を調べてはみたがさっぱりわからず
調べる→断念、調べる→断念、調べる→断念・・・を繰り返していた。

このボタンは何処にある!?どうやって貼り付ける!!??
どうやったら記事内に設置出来るのさあぁぁぁぁ!

と、悶々としながら早数年・・・

ブログ開始から7年目にして遂にバナーの貼り付け方を理解した。
設定欄のテンプレートも初めていじくってみた。

やってしまえば大した難しさでは無かったけれど
この仕組みを理解するのに、どれほど苦労した事か。。

ふぅ~
また一歩ブログを使いこなせるようになってしまったわい。ふふんふん♪

そしてこちらもご機嫌な「ムシトリスミレ」

この葉っぱに付いた黒い点。
これは全てコバエである。

相変わらずコバエキラーとしては申し分無い能力を見せる「ムシトリスミレ」
対コバエ兵器としてはムシトリさんに勝る植物はいないだろう。

葉っぱの表面についている粘液も、小さく細かく
見た目ではとても頼りないが、良く見てみると
葉っぱの表面で飛び立とうと、もがいているコバエが見える。
コバエを絡め捕るには十分な粘着力があるようだ。

ふふん、部屋に侵入されると鬱陶しいコバエも
こうなっては可愛いもの。

いくらでもかかってこい・・・!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

観葉植物

(´・ω・`)体調不良

数日前から左の二の腕辺りがずっと痛く
(ちと早いが、これが四十肩なのか!?)
と、気になり早速ぐぐってみると、場所的にどうやら四十肩では無いらしい。

そうだよなぁ~まだ早いよなぁ、と検索を続けていると
痛い部分を図で説明してくれているサイトを見つけたので、見てみると
何とそこには五十肩との表記が!!!

四十肩をスルーしていきなり五十肩とかあんのかい・・・
何しても痛いし、治るまでに1年とかかかるらしいし
困ったもんじゃ。

そして日焼けの「テーブルヤシ」

ちゃんと反日陰の場所に置いてあったのに焼け焦げた。
「テーブルヤシ」は完全に屋内栽培の方が良いのかもれない。
この植物は成長が遅く、中々葉っぱを出さないので
しばらくはこの焦げたままの姿。
やーっと綺麗な葉っぱが出てくれたのになぁ

こちらも困ったもんじゃ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´・ω・`)今回の収穫

多肉棚が結構整理出来たので、さらに多肉を増やさねばなるまい
と、ホームセンターの多肉コーナーを徘徊していると
また見た事無いのが置かれてた。

名札を見るとセンペルビウム属とだけ書かれている。

多肉の名前自体はわからないので「センペルビウム」と呼ぶ事にしよう。

初めての種類なので、特別に丸鉢に植え込んであげる。

最初から徒長もほぼ無い姿だったので、植え込み直後から中々風格がある。

この「センペルビウム」
ちょいと調べてみると、雨が苦手で太陽が好きらしい。

雨に当てない為に軒下へ入れると日光に当れず
太陽光に当てる為に屋外へ出すと雨に当る。

一番手間のかかるパターンだ。

が、乾燥と寒さには強いらしい。
出しっ放しでも問題無いとの事なので、かなりの耐寒性能。

見た目は他の多肉よりも薄い感じで
葉の淵にチバチバした棘のような毛があり綺麗。

まだどんな多肉か良くわからんので、しっかり観察していこう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ホテイアオイ

(´・ω・`)恥ずかしながら

実は長い事、敷布団を干した事が無い。
掛け布団の方はちょくちょく干してたけれど
敷布団の方は外でバンバン叩くのみ。

でも、今日は天気が良かったので干してみた。
使用年数20年の熟成された敷布団を太陽熱で消毒!
ふぅ~気持ちが良いわい。

午後、十分に干せたので取り込もうとすると・・・
鳥が布団に爆撃しとった・・・しかも二箇所も。。

苔にすら滅多に爆撃しないのに・・・よりによって何故今日、何故布団に・・・
一箇所ならまだしも、何故二箇所も・・・ハァー

やはり妙な気まぐれは起こすもんじゃないですなぁ
うむ、もう20年は干さんでよろしかろう。フフンフ~ン♪

そして「ホテイアオイ」

随分暖かくなってきたので、そろそろ植える事にする。
結構枯れてしまった部分は出たけれど、土に植えて屋内へ取り込めば
無事に越冬してくれるようです。

3株だけ今年の越冬用に元鉢に残しておく。


残りは外水槽の上にはめ込んだプランターに植え付ける。

このプランターは底の部分が水面に接しているので
給水の必要も無く、株が大きくなれば水中に根を張り巡らし
水中の余計な栄養分を吸収し、水も綺麗にしてくれる。

去年は花が咲いてくれなかったので、今年こそ咲いて頂きたいところ。

ついでに右半分の睡蓮領域。

120cm水槽の中に60cm水槽をそのまま沈め
睡蓮鉢の代わりにしています。

睡蓮の葉っぱの周りに浮いてる細かいのは「アオウキクサ」
通常は水面を覆い、日光を遮ってしまうので
水中に植物が植えられている環境では邪魔者扱いにされてしまう植物ですが
水面で日光を浴びる事の出来る睡蓮とは相性が良いので
ここでは問題無し。

じゃんじゃん増えて水面を覆い尽くしてもんです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(´・ω・`)うーし、うしうし!

今年も無事に動き始めた「ハエトリソウ」

中央のは通常ハエトリ、右のはシャークティースという種類のハエトリ
まつ毛のような葉っぱでは無く、その名の通りサメの歯のような葉っぱを生やす。
そして通常ハエトリのような茎では無く、細く長い茎を生やす特徴がある。

いや、あったはずなんだけど・・・
今のところ通常のハエトリソウとあまり変化が見られない。

シャークなティースは何処いったのさ!・・・これからなのかね?


そして一番早くに動き出していた左鉢のハエトリ

色もテカりも、葉っぱの具合も大きさも全て順調そう。
これから太陽光が強くなるにつれて葉っぱの赤みも増してくるだろう。

「ハエトリソウ」は子供の頃に何度も買って貰ったけれど
毎回1シーズンで枯らしてしまっていた。

今では毎年ちゃんとハエトリソウを育てられるようになって嬉しい。

大人になるとは凄いもんじゃ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村