FC2ブログ

苔ベランダの観察記録

苔や多肉の記録です

食虫植物

(´・ω・`)たまげたわい

なーんだか調子良くないかなーと思っていた「ムシトリスミレ」

もう長い事植え替えしていないのが原因かなぁ・・・
と、気になったのでちょいと過去の記録を調べてみると


今年の5月頃

ちゃんと成長してた
「ムシトリスミレ」は室内置きなので
毎日見ていると成長振りが良くわからなくなっていた。

むむ、この前咲いていた花芽の枯れ茎がまだ残っとるな
引っこ抜いておいてあげよう、と引っ張ると・・・


ギョギョギョッ・・・!

本体ごと引っこ抜けちまったい!

・・・は!?全然根が張れていないじゃんか!

まさか、まさか、そんなまさか!


くっ付いてきた僅かな土を払い落とすと

これっぽっちしかなかった・・・

えぇぇ・・・「ムシトリスミレ」の根っこってこれでいいの?
全然無いよ・・用土が悪過ぎて根が出せなかったのかな
確かに買ってきた時の土のまま植えつけたし
周りのミズゴケもドロドロに劣化してたし・・・

いや、でもちゃんと成長してたし、定期的に花も咲かせてたし・・・
本体の方にこれといった異常は無かったから
「ムシトリスミレ」の根っこはこれで正常なのかね・・・?


良くわからんので、片方の株は外の鉢に挿しておいた

この鉢は赤玉オンリー


もう片方は鹿沼土で成長具合を確認してみる

今度はちゃんと根っこらしい根っこを見てみたい。

しかし、あんなポロッといくとはたまげたなぁ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ハエトリソウ

(´・ω・`)パラパラ雨が降り出した

梅雨に入ってから、天候の愚痴ばかり記録してる
が、前日や一昨日はどんな天候だったか、雨は降ったのかを知れるので
結構役に立っている事に気づいた。

記録によると、ここ二日ほど雨は降っていないようなので
今夜からの雨は多肉たちにも当ててあげよう。

そして「ハエトリソウ」記録

健康そうに見えた「ハエトリソウ」も
意外と梅雨の影響が出ている事を発見。

「ハエトリソウ」は強い日光を浴びると葉が赤くなり
弱い日光だと葉が緑になるらしい。

で、観察してみると、梅雨入り前に生えた葉は確かに赤い
そして梅雨入り後に生えた新しい葉は赤く無く、殆ど黄緑色をしている。


第2鉢の方も色の違う葉っぱが出ている

でも、これといって問題も無いから
特に気にしないでおこう。

そして閉じていた葉っぱが消化作業を完了し、枯れ始めたので
切り取って、何を捕まえていたのかチェックをしてみた。


こりゃ珍しい、昆虫だ

去年はGを結構捕まえていたけれど
こういうハードタイプな昆虫を捕獲したのは初めて見た。

これは確か・・・コメツキムシだったかな?カチカチ鳴る虫
葉っぱにフィットするサイズだったから上手く捕まってしまったんだろうね。

ピンセットでチェックすると、カラカラに吸収されていた。
コメツキエキスはハエトリさんの養分として活用させて頂こう。

そういえばベランダ工事してからはGを捕まえていない様子
大規模掃除で住処が無くなったのかもしれない。

「ハエトリソウ」の貴重な栄養源を失ってしまったけれど
Gが消えたのは良かった良かった。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(´・ω・`)そろそろ食虫カテゴリーも100に到達

何だかんだでブログも7年継続。
日々の記録のおかげで植物たちの成長具合を見比べる事が出来るのが楽しい。

そんな「サラセニア」の一ヶ月

去年の枯れた葉っぱをカットしたところ。
一つだけ枯れて無かったから残した。


一ヶ月で新葉が結構展開された。

人の血管のような模様が不気味で良い感じ。
今はまだ黄色い葉っぱだけれど、これから日を浴び続けると真っ赤に日焼けしてくる。
毒々しい真っ赤な姿も楽しみなり。

出来立ての罠の中を覗いて見ると、今年は何故かアリが沢山入っている。
小さいアリなので撮る事は出来なかったけれど
年によって捕れる獲物が違うのは気になるところ。

ベランダにアリの巣なんて無いし、上に登ってくるのもそうそうはいない。
なのに何故アリばかり獲れているのか
不思議なもんじゃ。

まぁ、獲物が捕れる事はアリがたい事ですけれどね
フフンフンフ~ン♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(´・ω・`)夕張ポッキー小さくなった
 つー━━━

北海道のお土産で頂いた、夕張メロン味のポッキー
久しぶりに見た夕張ポッキーは小型化していた。
食品の小型化は他にも沢山あるけれど、あの馬鹿でかい大きさが好きだったので
ちょっぴり物悲し。

そして「ハエトリソウ」記録。

順調に株分かれしているようで、今年もぎゅうぎゅうになってきた。
隙間無く捕虫葉が展開している姿が好き。

(あぁ・・・ここに虫が迷い込んだら罠にかからず脱出は難しかろうなぁ・・・)
と、考えると見てるだけでワクワクしてくる。

ただ受け皿として使っている、外側の大きいタッパーが
紫外線の影響でボロボロになってきてしまったので
そろそろ新たな鉢への移住が必要そう。

こちらは第2ハエトリ鉢。

左上の株がハエらしき虫を捕獲していた。
もう葉っぱが開いているので、ハエエキスは吸収しきったのだろう。

「シャークティース」も順調に長い葉を出し続けている
が、シャークだけピンボケた。
上手くいかんもんですなぁ

次の鉢ではさらに大型の鉢にし、冬を越せる食虫植物を色々混ぜて育ててみたい。

植え替えの時期までに丁度良い容器を探し出しておかねば。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(*´・ω・`)ウヒャー

前回の記録後、さらにコバエ共を捕獲していたので追加記録。

すっごい量!!!よっぽど魅力的な匂いが出てるのかもしれない。
市販のコバエトラップや有名なめんつゆトラップよりも効果がありそう。

この大戦果が嬉しかったので、家族の皆さん達に自慢しに行ったら
「気持ち悪いから持ってくるな!ばかたれ!!」と怒鳴られてしもた。

ふん、もう台所でコバエが発生しても「ムシトリスミレ」は貸してあげませんよ。

そして「サスマタモウセンゴケ」

次から次へと新芽を出しており、中々調子がよろしい感じ。
ゼンマイの芽みたいに、クルクルッとしたのが新芽。

以前、トンボがモウセンゴケに捕まっている画像を見た事がある。
(こんな細い葉で捕まえられるのかな?)と思っていたけど
これだけ何本もあるとトンボも捕まえられそう。

粘液もドバドバだし、この中に突っ込んじゃったら逃げられんだろうなぁ

今年はどんな虫を捕まえるのか楽しみなり。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

ヽ(´・ω・`)ノ やったあああ

遂にバナーの設置に成功した。

以前から他の人のブログを徘徊していると
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
これ、このボタンを良く見かけ
(自分も付けてみたいなぁ)と、やり方を調べてはみたがさっぱりわからず
調べる→断念、調べる→断念、調べる→断念・・・を繰り返していた。

このボタンは何処にある!?どうやって貼り付ける!!??
どうやったら記事内に設置出来るのさあぁぁぁぁ!

と、悶々としながら早数年・・・

ブログ開始から7年目にして遂にバナーの貼り付け方を理解した。
設定欄のテンプレートも初めていじくってみた。

やってしまえば大した難しさでは無かったけれど
この仕組みを理解するのに、どれほど苦労した事か。。

ふぅ~
また一歩ブログを使いこなせるようになってしまったわい。ふふんふん♪

そしてこちらもご機嫌な「ムシトリスミレ」

この葉っぱに付いた黒い点。
これは全てコバエである。

相変わらずコバエキラーとしては申し分無い能力を見せる「ムシトリスミレ」
対コバエ兵器としてはムシトリさんに勝る植物はいないだろう。

葉っぱの表面についている粘液も、小さく細かく
見た目ではとても頼りないが、良く見てみると
葉っぱの表面で飛び立とうと、もがいているコバエが見える。
コバエを絡め捕るには十分な粘着力があるようだ。

ふふん、部屋に侵入されると鬱陶しいコバエも
こうなっては可愛いもの。

いくらでもかかってこい・・・!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(´・ω・`)うーし、うしうし!

今年も無事に動き始めた「ハエトリソウ」

中央のは通常ハエトリ、右のはシャークティースという種類のハエトリ
まつ毛のような葉っぱでは無く、その名の通りサメの歯のような葉っぱを生やす。
そして通常ハエトリのような茎では無く、細く長い茎を生やす特徴がある。

いや、あったはずなんだけど・・・
今のところ通常のハエトリソウとあまり変化が見られない。

シャークなティースは何処いったのさ!・・・これからなのかね?


そして一番早くに動き出していた左鉢のハエトリ

色もテカりも、葉っぱの具合も大きさも全て順調そう。
これから太陽光が強くなるにつれて葉っぱの赤みも増してくるだろう。

「ハエトリソウ」は子供の頃に何度も買って貰ったけれど
毎回1シーズンで枯らしてしまっていた。

今では毎年ちゃんとハエトリソウを育てられるようになって嬉しい。

大人になるとは凄いもんじゃ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

ヽ(´・ω・`)ノ 令和!

気分だけは平成生まれなので、初改元に浮かれながらの
「サラセニア」記録。

冬の間に枯れきった葉っぱをカット。
ちょこちょこと新芽も見えている。

何か一つだけ生きてる感じだったのでそのまま残す。

あまり変化の無い「サラセニア」だけれども
記録を見てみると一年毎に少しづつ増えていっている様子。

今年ものんびり成長していっておくれ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(((´・ω・`))) 寒し、寒し

雪が降ったらしい。
が、一昨年の3月27日にはこっちでも雪が降っていたので
まったく無い事ではない感じ。

工事は後一歩のところで雨が降り続き
何だかさらに延長の気配・・・

しかし、今年の4月はやけに寒いので
例年通りにベランダライフを再開していたら
植物たちに大被害が出ていた事だろう。

と、工事の遅れをポジティブに受け止めよう。

そして「ウツボカズラ」

小苗たちも無事冬を越せた。

親株の方も無事。

挿し戻した株なので、去年は成長が出来ず寂しい状態だったけれど
2年目の今年は頑張ってくれる事を期待する。

「ウツボカズラ」は寒さに弱いので
いつも通り4月から外に出してたら今年はやばかったろうなぁ

早く最低気温10度は維持してくれるようになってほしいもんです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(;´・ω・`)ギギギギ・・・

物心付いてからの初改元という事で、ワクテカしながらテレビの前で待機していると
新元号発表の30分前でテレビが映らなくなった・・・
「ヒギィィィ!なに?何で映らんのさ・・!?」
大急ぎでチェックすると、屋根をいじる時にアンテナを弄らなければならなかったらしい。
よりによって今日の、この時間にとは・・・
失意の中でPCをいじくっていると、ネット放送でも元号中継が見れる事を知った。
ありがとうインターネッツ!

そして屋内越冬中の「モウセンゴケ」
撮影場所が無く、室内の明りなので暗くて良くわからなくなってしもた。

直射日光を浴びていないので、全体的に緑が強くなってきた。

去年、受け皿の水を干上がらせてしまい
枯らしかけてしまった「サスマタモウセンゴケ」

枯れた時に大ダメージを負ってしまったらしく
去年の間はずっと調子が悪そうだった。

が、今年はもう成長を開始し始めたようで
調子を取り戻せた感じがする。

令和元年もみんな無事に成長していってほしいもんです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(´・ω・`)こちらもそろそろ限界な「ウツボカズラ」

6月頃の新芽
このちっちゃな子株たちが


かなりの堂々とした姿になってきた。
とは言え、半年でこの位なので「ウツボカズラ」の成長速度は中々にスローペース。
小さいながらも付けている捕虫葉がかっこいい。


そして切り取り、挿し木しておいた親株。
こっちは1シーズンかけて、何枚か葉を出していたけれど
根を出すのに忙しいらしく、捕虫葉は一つも出してくれなかった。

がっ!

真冬を目前にして、ここにきてやっと一つだけ出してくれた。
初捕虫葉の記録なのに大事なところだけピンボケてしもた。

それにしても一度切り取ると、回復するのにここまで時間が必要だったのか
もう次の葉からは捕虫葉を出してくれるだろうから
ここから先の成長に期待なり。

葉っぱが賑やかだった頃


完全復活への道のりはまだまだ長そうですなぁ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(´・ω・`)そろそろ終了の「ハエトリソウ」

徐々に外側の葉っぱが枯れ
寂しい姿になってきた。

今年一年でかなり子株を増やす事は出来た。
来年はこの子株たちも大きくなって、ハエトリ鉢を賑やかにしてくれるはず。

今年の獲物も一部記録。


Gは大きいし、力もありそうなのに一番捕まえていた。
Gトリソウですなぁ


アシナガバチも捕虫していた。

近くに巣を作り、ブンブン飛び回っていたので
そこの蜂がうっかり捕まったんだろう。

しょっちゅう水を飲みに来ているようで
鉢を持ち上げるたびに驚かされていたので、ナイス反撃ハエトリさん。

それにしても今年はGの捕虫数にも驚いた。
まさかベランダにここまでGが住み着いているとは・・・
さらにハエトリさんを増殖させる必要がありそうなり。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(´・ω・`)屋内モウセン

毎年「モウセンゴケ」は屋外越冬だったので
この時期にはもう枯れかけ、寂しい姿になっているのですが
屋内では問題無く成長を続けている様子。

そして何故か未だに蚊も良く出没するので
退治するたびに餌として与えています。

虫はあげる必要無いみたいだけれど、このナガバタイプのモウセンは
葉の粘液に虫が付着すると葉をクルクルッと丸め
虫を消化している様子を観察する事が出来るのが楽しいので

お風呂場のコバエや小虫を捕獲するたびに
「モウセンゴケ」に運んでいます。

コバエは自力で捕まえてくれりゃ助かるんだがねぇ。。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

水切れで一時枯らしてしまった「サスマタモウセンゴケ」
壊滅したので、本調子は取り戻せなかったけど大体は回復した様子。
来年の回復具合に期待。


「ナガバモウセンゴケ」
こちらはかなりのご機嫌で、粘液ドバドバ状態。
写りが悪かったので、撮り直した


が、あまり変わらなかった。
プチプチの粘液を接写出来るような撮影スキルが欲しいなり。


「アデラエ」はオーストラリア原産だけあって
秋の気候にも耐えられない様子。
周りの葉っぱも枯れ始め、冬眠の準備を開始。

「アデラエ」は増殖力が旺盛なので、来年はどのくらい新芽を出してくれるのか楽しみ。

今年も無事にモウセンゴケを育てる事が出来た。
2年目なので冬越しも若干安心なり。

モウセンゴケも大きな鉢で、全ての種類を混ぜ込んだ楽園鉢を作成してみたいもんです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

今年は大活躍だった「ハエトリソウ」
小さな羽虫やアシナガバチ
Gも何匹討伐したか忘れてしまうほど、とっ捕まえていた。

この前の植え替えでダメージを受けた葉がチラホラとあったが
綺麗な葉も出し始め、冬入り前には安定しそう。


そして記録したかった「シャークティース」
が、何故か「シャークティース」だけ色飛びして見えにくい状態に。。
小さな芋虫を捕獲していたようで、葉っぱの中に芋虫の亡骸だけあった。

まぁ、ちゃんと成長しとるから良かろう、ふむふむ

何だか段々株数が増えてきた気がする「ハエトリソウ」
いつか大きな鉢で湿地を再現し、ハエトリさんの楽園鉢を作成してみたいなと思う。
「モウセンゴケ」も混ぜながら植え込むとかっこ良い感じになりそうなり。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

差し戻した「ウツボカズラ」
枯れていないから、根っこは出てくれてると思うけれど
今年は殆ど変化が無かった。
袋を一つも付けてくれず寂しい状態。
来年は本気を出してほしいもんです。


根元から生えてきた子株の方は


3ヶ月経過し、結構一人前になってきた。

小さいながらもしっかりと袋を付けとる。

が、温室が無いので今年の「ウツボカズラ」の成長はここいらで止まります。
後は枯らさずに越冬させ、来年の頑張りに期待です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

サラセニア

やーっとこ涼しくなってきた。
寝てる間も、起きてる間も常に快適。
今年は快適な気温のありがたさが身に染みるす。

そしてあまり増えないものだなぁと思っていた「サラセニア」記録
「サラセニア」は去年から育成を始めたのだけれど
去年はどんな感じだったのかとチェックしてみた。

去年のシーズン終盤での記録


今年の記録


比べてみると結構増えていた。
去年は我が家へ持ち帰ってから出た葉っぱは二つ。
冬になると全て枯れるので、0から始まった今年でも去年を上回っている。

あまり周囲に広がって成長はしないらしく
中央部からだけ次々と葉を出すので、かなりぎゅうぎゅう詰め。
こうなるといらない葉の除去や、株分けが必要になってきそう。

・・・面倒なので来年どうするか考えよう。そうしよう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(;´・ω・`)また暑くなった

涼しかった昨日までは「はぁ・・・もう夏も終わりか、何だか寂しいなぁ」
何て思っていたけど、今日の暑さで全て思い出した。
やはり夏はさっさと終わってほしいです。

挿し戻した「ウツボカズラ」
成長が随分遅いようで、今年は根を出す事だけで精一杯だったらしい。
結局こちらは捕虫嚢を一つも付けてくれなかった。


根元から生えた新芽達
のんびりとだけど成長している様子。
ミニチュアの捕虫嚢をちょこちょこ付けている。


「ウツボカズラ」は糞蒸し暑く、人間にとって不快な気候ほどご機嫌なので
涼しく過ごしやすくなってくるとしょんぼりし始めます。
もう今年の夏は終わりが近いので、両方とも来年に期待です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(´・ω・`)まーた台風来たよ

何故かしっかりと台風対策をするとこちらへは来ず
台風対策を怠ると直撃する。
強風に葉を吹き飛ばされたパキラを思い出しつつ、パキラ鉢を避難。

パキラ鉢は一番重いから厄介なり。

そして久しぶりの「サラセニア」記録
5月辺りの葉が出始めた頃。
まだ初々しい色の捕虫葉。


日差しが強くなるにつれて段々と毒々しい色へ変化していきます。
不気味な感じがかっこ良し。


この記録画像は稀に見る成功ショット
いつもならピンボケて良くわからない画像になるところだけど
捕虫葉内の捕獲された虫をしっかり撮れた。


この「サラセニア」も「ウツボカズラ」と同じく捕虫葉の中にある消化液で
虫を分解し栄養分を吸収するタイプ。

画像では見えにくいけど、葉のスプーン状になった部分は
猫の舌のようなトゲが穴に向かって生えており
この上に乗った虫が下へ下へと落ちていく仕組みらしい。

Gにはこのトラップは効果が無いようだけど
小さな羽虫には結構効果があるようで、頻繁に落ちているのを見かける。

サラセニアの捕虫能力も中々高し。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(´・ω・`)虫注意

捕虫葉が枯れ始めたので切り取る事にしました。
小さな虫なら捕まえてから、消化が終わったらまた葉が開いて
捕虫を再開するのですが
このサイズの虫だと一回の消化で葉っぱが駄目になってしまうらしい。

そして葉っぱの解体。

これは近くに巣を作っているハチだと思う。
いつも食虫鉢の水を飲みに来ているのを見かけるので
きっとその時に捕まってしまったんだろう。
ピンセットで突くと、殻の中身が消化されカリカリになってた。


そしてG

今年はGを本当に良く捕まえているハエトリさん
まだGを消化中の葉が二つもある。
Gにしてもハチにしても葉っぱにジャストフィットなサイズ
さらにこんなに素早い虫なのに捕虫率が高いのが驚き。

ベランダにこんなにGが生息している事にも驚き・・・

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村