FC2ブログ

苔ベランダの観察記録

苔や多肉の記録です

食虫植物

(*´・ω・`)ヒャー

いつも代わり映えしない食虫植物コーナー
今日もどうせ掘り出し物何て無かろうなぁ・・・と思いつつ巡回すると
他のハエトリに紛れて1鉢だけ「シャークティース」を発見!


新鉢を用意する為、今までの通常ハエトリを記録。
立派に育ったもんじゃ。


完成。
ハエトリ鉢が賑やかになってきたなり。


植え替え直後のシャーク記録。


まだ良くはわからないけど、「シャークティース」は名前の通り
葉のトゲトゲが短く、サメの歯のような葉を出すらしい。
ノーマルハエトリはまつ毛のようなトゲなので、結構見た目に違いがある感じ。

後はノーマルは横にベロッと伸びる感じだけど
シャークは上に直立したシャッとした葉っぱを出すようです。

どう成長していくのか楽しみなり。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(´・ω・`)今年のハエトリさんは一味違う

最近やけに討伐数を稼いでいるハエトリさん。
昨日の観察でまた新たにGを捕虫しているのを確認。
しかし日が暮れてしまっていたので、翌日記録しようとすると・・・
隣の葉もGを捕虫していた。(右上の2枚


さらに妙な奇形葉まで出し始めた。
中央のV字形の葉っぱ。
暑さが原因かGの影響か、どんな葉を広げるのか要観察なり。


前回捕まえた蜂もまだ消化出来ていない状態で
さらに2匹もGを追加するとは、しかもまたもや中々サイズのG。
今年のハエトリさんのやる気には驚かされます。
しかし本当に驚いたのは・・・

(;´・ω・`)ベランダにこんなに沢山Gが生息していたとは・・・


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(´・ω・`)ハチトリソウ

ハエトリさんがまた大物を捕獲していた。
葉っぱからは羽が出ている。
葉の淵から中身を良く見てみると・・・蜂だ!


2年前・・・パキラ鉢を片付けようとした時
私の手をぶっ刺して逃亡した、あのタイプの蜂に似ている。



嬉しいので、別アングルからもう一枚記録。


ハエトリソウは虫を誘き寄せる為に、葉の淵から蜜を出しているらしい。
この蜜に誘われて捕まったんだな。
小虫はモウセンゴケの方が捕虫率が高いけど
大物はハエトリさんの方が捕虫率が高いね。

ハエ自体は殆ど捕まえないけど。。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(;´・ω・`)暑さと睡眠不足で瀕死なり

サッカー開始時間が厳しすぎる・・・
夜更かしして何とか3時までは起きていても、また開始7分で眠ってしもた。。
観客の歓声や解説の叫び声でハッ!と目覚め、またすぐ寝落ち。
ゴールの瞬間を見たいのに毎回入った時の歓声でハッ!と目覚め、またすぐ寝落ち。
これでサッカーを見ている事になるのか。
今夜こそ踏ん張らねば。

そして丸葉のモウセンゴケ。
今年は花芽を付けた状態で放置するとどうなるか気になったので
花芽を切り取らずそのまま様子見した結果


見事に痩せた。


栄養を花に持っていかれたようで、葉はどんどん小さくなり
全ての株がしょぼくれてしまいました。
モウセンゴケは葉っぱを愛でたい植物なので
種を取る予定が無いなら、早期に花芽は摘んでしまった方が良いようです。

全ての花芽をカットし、これからの回復具合を観察しようと思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(´・ω・`)植え替え

先週の強風で「サスマタモウセンゴケ」の茎が
パキパキ折れてしまったので
これを良い機会に植え替えを実施。


強風で痛んだ茎を伐採し整えました。
タッパーの形も揃い、統一感が良い感じ。


まだまだ夏は長いので、どんどん成長し虫をとっ捕まえて欲しいもんです。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(´・ω・`)Gトリソウ

Gを捕まえていた葉っぱが枯れ始めた。
ハエトリソウは大き過ぎる獲物を捕らえた場合
消化が終わる前に葉が枯れてしまう事があります。
後は枯れ落ちるだけなので、捕虫葉の部分だけカットします。


せっかくなので、カットした捕虫葉を分解して中身をチェック。


うむ、こりゃでかい。
ほぼ葉っぱと同じ大きさのGです。
消化が終わる前に枯れてもおかしくない大きさです。
しかしこんなの良く捕まえたもんですなぁ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ウツボカズラ

(´・ω・`)ウツボット

冬場に枯れた葉や、枯れた壷、ビロビロ伸びてしまった草体。
かっこ悪い姿になってしまった「ウツボカズラ」
仕立て直したいな、と思いつつも
初ウツボで手を入れるのが怖く、ずっと先延ばしにしてきました


が、遂に親株の根元に数株の新芽を発見。
これなら仮に仕立て直しでしくじっても滅亡は回避出来るなり。


「ウツボカズラ」は挿し木で増やす事が出来る様なので
バチッと切り落とす。


必要の無い部分の葉っぱも切り落とす。
ついでに以前Gを捕獲していた壷を切り開いてみると
わずかにGの殻が残っているけど、大体ボロボロに分解されていた。
他にもクモとか何かが色々捕まっていた様子。
優秀な壷なり。


新しいプラ鉢への植え付け完了。
植え替えてわかったが、あまり根っこを出さない植物のようなので
鉢はこの位のサイズで良かろう。
ちゃんと根付いてくれるか楽しみなり。


春先から外へ出していた「ウツボカズラ」だけど
本格的に動き出したのは6月に入ってから。
かなり気温と湿度が高くなってからじゃないと、成長を開始し始めないらしい。
段々ウツボスキルが上がってきたような気がする。

魅力的な植物なのでしっかり育てられるようになりたいもんです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(´・ω・`)朝日と粘液

「アデラエ」が成長と共に粘液量も増えてきた。
朝日を浴びている時が一番キラキラして美しいす。


別角度。
粘液一つ一つの粒が大きく、ベッタベタ。
これでガガンボや羽虫をガシガシ捕まえ栄養を吸収し
「アデラエ」はまだまだ大きくなります。


ピンボケたけど「サスマタモウセンゴケ」が変な葉を出した。
通常、サスマタ部分は二本でY字型の葉を出すけれど
この葉はサスマタ部分が4本ある。
成長すると4本になるのか、調子が良いと4本になるのか
正体は良くわからんちん。


丸葉のモウセンゴケはみんな花芽を伸ばし始めた。
他の鉢からもこのモウセンゴケの芽が勝手にちょこちょこ出ていたので
去年の種が結構遠くまで飛んでいたらしい。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ハエトリソウ

(;´・ω・`)むむっ・・!

葉が閉まっとる・・・さらに良く見てみると・・・
Gの触覚らしき物がはみ出しとる!

ベランダには意外とGが多く、鉢の下とかでたまに見かけます。
あんなに素早い奴も捕虫するとは
流石はハエトリさん、中々やりおるわい。

現在3株生存。
一番の大株はかなり立派な葉を出すようになってきました。


今回Gを捕虫した葉も大株の中でも一番大きな葉でした。
中株だとまだ小型の羽虫くらいしか捕まえられません。
ガンガン喰らい、どんどん成長し、じゃんじゃんGを駆逐していってほしいもんです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(´・ω・`)新居

「アデラエ」が良い感じに増殖し、狭くなってきた感があるので
新たな鉢を探しにスーパーのタッパー売り場を探索。


お値段もお手頃、サイズもピッタリ
良いタッパーを入手出来た。
もう2~3個買って他のも植え替えしてあげよう。


「アデラエ」は大きくなるタイプのモウセンゴケなので
新鉢に合った立派な姿になって頂きたいもんです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(´・ω・`)モウセンゴケが動き始めた

長葉タイプのモウセンゴケは、正月の寒波で凍りつき
霜の被害も深刻で生きているのか不安でしたが
何とか新芽を出し始めてくれました。
タフですなぁ。


丸葉タイプは順調。
昨年、鉢の至る所に葉っぱの欠片をばら撒いたら
どんどん増殖し株数が一気に増えました。
こちらもタフですなぁ。


こちらは「アデラエ」
オーストラリアだか何処かの暖かい所が原産のモウセンゴケらしく
寒さに弱く、冷え始めたら真っ先に枯れ
冬を越せるのか心配でしたが無事に芽を出し始めました。
株数もちゃっかり増やし、かなりのタフさ。


問題は「サスマタモウセンゴケ」
水遣りのミスで萎れさせてしまった鉢。
一時は耐えたかと思った葉が全て枯れ、やっと新芽を出しても凄く調子が悪そう。
さらに増殖力は低く、今のところ一つの株から一つしか芽は確認出来ず。
困ったもんじゃ・・・


もしもの時に株を分けておいたサスマタ
こちらは順調に成長中。
が、やはり株の増殖は確認出来ず。
寒さは耐え抜くようだが、モウセンゴケの中では繁殖力は弱めな感じ。


「ミミカキグサ」は相変わらず。
確認出来ないほど小さな芽を出してはいるようだけど
今では苔が主役のような鉢になってしもた。
まだ根は生きているようなので今年こそ勢力を盛り返して欲しいもんです。



にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(´・ω・`)ハエトリさん

子供の頃は1シーズンで枯らしてしまっていた「ハエトリソウ」
年齢を重ね、ちゃんと世話を出来るようになったのか
毎年枯らさずに育てる事が出来るようになりました。
大人になったもんじゃ

中央の株が一枚葉を閉じて捕食中の様子。
何を捕まえたのか気になったので後日、葉が開いてからもう一度記録する事に


が、大事なところでピンボケ・・・
重要なところがボケてわかりにくいが、ハエを捕虫した様子。
「ハエトリソウ」と名づけられてはいるが、実際にハエを捕まえたのは初めて見ました。


3年目にして一人前の「ハエトリソウ」になれましたなぁ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(´・ω・`)見事な捕虫力

お部屋の中で冬越しをしていた頃は
綺麗な黄緑の葉っぱでしたが、外へ出した途端
次から次へとコバエを捕獲し、葉っぱがコバエだらけに。


「ムシトリスミレ」は葉の表面から粘液を出し虫を捕まえます。
なので良く見るとコバエだけではなく、葉の表面が土埃と花粉だらけになってます。
洗う訳にもいかんのでしばらくは埃まみれの姿で過ごしてもらいます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(;´・ω・`)ひぇぇぇ

やってしもた・・・
花粉が多く、外に出るのを少しさぼっていたら
前夜の強風の影響で水が干上がっていた。。
あっという間に土が乾き、「サスマタモウセンゴケ」が萎れました。
急いで水を補給し数時間・・・


うむむ・・やはり元には戻らん。
茎は生き残っていてシャキッとしたようですが何とも無残な姿に・・・
捕虫葉の部分は萎れたまま。
中央部は問題無さそうなので復活は出来そうです。


調子良く育ってくれていたのに、ちょっとのミスでここまでやらかしてしまうとは。。
赤玉単品だと水が切れるとすぐに干上がってしまうので
保水性を高める為にミズゴケも混ぜ込んでおくと良いかもしれません。
失敗を活かし、植え替えの参考にしておこう。

大体花粉が悪いんだ、花粉が飛びすぎるから外に出られず
花粉がきついから水やりを忘れて、花粉が花粉が花粉が・・・
花粉が・・・!


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(´・ω・`)そろそろやばし

寒さ耐性の低い、南国植物ですが
結構耐えてくれたウツボさんもそろそろやばくなってきた。

下の方の葉っぱは枯れても問題無いけど
上のほうの葉が枯れ始めたのはちょっぴり心配。
中央の茎さえ無事なら復活してくれそうなので
あと一ヶ月耐え抜いてほしいです。


袋の中はどうなってるのかと覗いてみたら、まだ消化液が残っており
その消化液の中には、袋に落ちたであろうゴキブリの死骸発見。
ゴキブリも捕獲するのだなぁ・・・と感心してたら
袋を横にし過ぎて、中のゴキ液が手にかかってしもた。


(´・ω・`)・・・・クソッ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(;´・ω・`)ありゃりゃりゃ・・

連日の寒波の影響で、去年は見られなかった現象が発生。
物凄い霜柱。


柱が出来ても解ける事が無いまま、夜になりまた新たな柱が形成。
どんどん柱が高くなり、モウセンゴケの株を持ち上げてしまっています。
こうなってしまうと地中内部がどうなっているのか不安です。
今年はこの状況からも新芽を出してくれるのかを調査したいと思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(´・ω・`)食虫の冬

去年は食虫を向かい入れた最初の年だったので
少しでも萎れたり、霜にやられたりすると慌てていましたが
今年は落ち着いたもんです。

安定の「ハエトリソウ」
ハエトリソウは寒さ耐性が凄くあるので
霜で葉が枯れようが慌てる時間じゃありません。


丸葉のモウセンゴケ
この種類は最初の冬なので警戒。
次々霜でやられていき、本当に耐えられるのかちょっぴり慌てる時間です。


長葉タイプのモウセンゴケ
こちらは葉が全て枯れ果てても
暖かくなれば新芽が出る事を去年確認出来たので安心です。


依然変化無しの「ミミカキグサ」
増えもしなければ減りもせず、寒さで枯れる事も無く
ただじっとしているだけ、地味です。
暖かくなったら今年こそ動き出してほしいもんです。


1月の時点でこの状況なので
水さえ切らさなければ全て無事に乗り越えられそうな感じです。にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

モウセンゴケ

(´・ω・`)枯れた

色んな種類の増えた最初の年なので
どれがどの位耐寒性があるのかの調査です。

サスマタタイプのモウセンゴケが枯れました。
この種類は寒さに弱いようで、モウセンゴケの中では一番に枯れました。
しかしこの状態になっても、モウセンゴケは春になると
地中の根か茎から新芽を出して復活します。
サスマタモウセンゴケも復活出来るのか観察したいと思います。


屋内避難組は葉先が若干枯れましたが
まだまだ新芽も出し、粘液の出も順調。
強光を好むモウセンゴケですが、この種は一年を通して屋内栽培が可能な
インドア派なモウセンゴケなのかもしれません。


調査の為に鉢を二つに分けておいて良かったなり。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ムシトリスミレ

(((´・ω・`))) 北風が本気出してきた

ので、屋内退避組の観察。
久しぶりの「ムシトリスミレ」を記録。

屋外に置いてた頃はどうも調子が悪く
買って来た直後が一番調子が良かった状態でした。

こりゃ自分には向いていない植物なのかと思っていましたが
屋内に入れた途端に調子が回復してきました。

こんな時期に花まで咲かすご機嫌ぶり。


外にあった頃は何だか調子の悪そうな葉を連続で出していましたが
屋内では若干色が薄いけれど綺麗な葉を出しています。


これもインドア向きの植物なのかもしれんです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

食虫植物

(´・ω・`)冬支度の食虫達

葉っぱが次々と枯れてきた「ハエトリソウ」
冷えてくると葉っぱの裏も表も真っ赤に染まります。
思い起こせば去年は育て方がわからなく
消滅寸前まで追い込んでしまったので、今年は満足の成長振りなり。


消滅寸前だった頃のハエトリさん


丸葉のモウセンゴケ。
こちらも冬芽を作り始め冬支度を開始。
丸葉のモウセンゴケもこの1年で随分増えました。
寒さ耐性のあるモウセンゴケなので大丈夫だと思いますが
初越冬は若干不安なり。


長葉のモウセンゴケ。
こちらは2年目。
今年の初めに、用土が凍り付いても新芽を出すタフさを見れたので
安心の放置でいけそうです。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村