FC2ブログ

苔ベランダの観察記録

苔や多肉の記録です

ホテイアオイ

(´・ω・`)咲かんなぁ

何とか一回でも良いから花を咲かせてほしい「ホテイアオイ」
もう十分株も大きく、体力も充実してそうなのに花芽を出さない。
充実した体力を、新たな株を生み出す事に使用してしまっている様子。


ランナーばかり次々出しとる
が、立派な葉を出し調子は良さそうなので良しとするかの。

咲いてほしいなぁ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ガジュマル

(*´・ω・`)うーし、うし

早速ホムセンに「ガジュマル」入荷
テーブルプランツコーナーでの入荷だったので低価格で入手成功。
うむ、色っぽい感じのガジュさんゲットなり。

が、記念すべき最初の購入直後記録がピンボケ。
撮影スキルは相変わらずなり。


植え替え後は何とか撮れた。
ガジュさんも根の動きを観察したいので
透明なプラケでの栽培。


パキラもそうだけど、幹がむっちり太っていく種類が好き。
根っこの観察が終わったら、かっこ良い鉢を用意してあげよう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

アスパラ

涼しくなったと思ったら、来週の日、月とまた暑くなるらしい
この涼しさに慣れた後の高温は厳しかろうのぅ。
曇り続きからの強烈な日光は多肉にもダメージがありそうだから注意せねば。

そして「アスパラガス」


ハゲかけた枝の間から、徐々にライムグリーンの新たな葉っぱが生え出した。
フサフサして凄く綺麗なり。
とても繊細な感じなので、半日陰の方が良いのかと思ったら
意外と日光が好きなのだそう。
繊細な姿に似合わないタフさもアスパラの魅力ですなぁ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

テーブルヤシ

(´・ω・`)植物棚が賑やかになってきた

最近ハマっているテーブルプランツコーナー。
その名の通り小さく、かっこよく、種類が豊富
さらにお値段も安く、初心者向きの植物ばかりなので助かります。
今回はいつか出窓に置きたいなと思っていた「テーブルヤシ」を購入。
お値段100円ちょいとなり。

購入直後の最初の記録でピンボケ
難しい被写体でも接写でも無いのにピンボケ
撮影スキルは上達無し。


梨の入っていたプラスチックの器が受け皿にジャストフィット。
貧乏染みた雰囲気も良い感じ。
ふむ、やはりペットボトルとプラケが一番なり。


アスパラの痛んだ葉が抜け始めハゲてきよった・・・
早く生え変わってかっこいい姿になってほしいもんです。

世間ではストローやらプラスチック製品の風当たりが強くなってきたけど
我がガーデンでは必須アイテムなり。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ホテイアオイ

(;´・ω・`;)残暑が強烈過ぎる

強烈な日光でモウセンゴケの粘液は乾き
アスパラの葉は焦げ、多肉の葉っぱも一部焼けた。
そんな日差しでも一切調子を崩さないのが「ホテイアオイ」

一月前と比べるとどんどん増殖し、葉色も青々
鉢を持ち上げると既に大量の根が鉢から溢れている状態。
どんな暑さ、湿度、強光にも負けなさそう。
「ホテイアオイ」の弱点は寒さだけです。


後は花だけ咲いてくれれば大満足なんだがのう
栽培開始が遅かったので、今年中に咲いてくれるかどうか

綺麗らしいので見てみたいもんです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

アスパラガス

(´・ω・`)アスパラ焼けた

日光で焼けて白くなってしもた。
ホムセンでの屋内管理期間が長いと葉っぱが弱り
日光で焦げるのは良くある事。
多肉と同じく、一度焦げると次に出す葉っぱは
日光に負けない強い葉っぱになります。
早速黄緑色の新たな葉が出始めているのが頼もしいアスパラ。


アスパラは日光に強いらしいけど
夏場の強烈な日差しで、新たな葉も焦げるようなら
半日陰への移動も考えねば。

成長の速い植物は動きが見えるので楽しいなり。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

アスパラガス

(*´・ω・`)買ってしまった

以前から気になっていた「アスパラガス」
このフサフサの葉っぱが気になって、気になって
どうしようか迷っている内に最後の一鉢に。

最後の一鉢に巡り合わせたのも何かの縁
お値段100円、良い買い物なり。


いつものペットボトル鉢に植え替え。
店頭に置かれていた期間が長く、結構葉っぱがしょぼくれた感じ。
まだまだ夏は残っているし、成長も早いらしいので
今年中にはフサフサの完全体になってくれるはず。


「アスパラガス」なので、このままずっと育てていれば
食べられるアスパラが生えるのかと思っていたけれど
このアスパラは観賞用。
食用のとは別の種類らしく、これは食べられないようです。
残念なり。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ホテイソウ

(;´・ω・`)まーた暑さが本気を出し始めた

外のフナ水槽に日陰を作ってあげる為に「ホテイアオイ」を一つ購入。
こんな浮き草一つでも無いよりはマシじゃろう。


「ホテイアオイ」は南米原産で寒さに弱く、日本の冬は越えられない
が、土に植えれば越冬も可能との事なので
1株千切って鉢植えにしてみた。


別名ウォーターヒヤシンスの名の通り、花が綺麗なので
開花も楽しみなり。

もう夏も中盤、買うのが遅かったかもしれんすなぁ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

パキラ

(´・ω・`)パキラの芽吹きを観察

大昔、誕生日のお祝いに頂いたパキラ
もう10年以上前だから随分長い付き合いになったもんじゃ。

そんなパキラを伐採したのが3月中頃
かなりバッサリいったので、ちゃんと芽吹くか不安でしたが


パキラにそんな心配は無用でした。
大体2ヶ月くらい経ってから小さな新芽を確認。


2週間ほど経過すると、他にもちょこちょこ新芽が吹き出した。


複数の新芽が出ても、その中の元気の良い芽だけがグングン成長します。


ただパキラ任せに伸ばさせてしまうと、元気の良い一本だけに栄養を取られ
他の枝が伸びなくなってしまうので、葉っぱを一節づつ残し新芽を千切る。
こうする事で成長の勢いが他の枝に分散し、別の枝も伸びてくれるようになります。


ふむ、1段目の葉はしわくちゃだけど
2段目からはシャキッとした綺麗な葉が出始めた。


ここまで伸びてくれればもう安定期。
早くワサワサ茂ったかっこいい姿に成長してほしいもんです。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

とまと

(´・ω・`)フゥ・・・まいったもんじゃ

ちょいと収穫をさぼったらトマトが溢れ出した。
このままじゃ食べきれんのでミートソースへ加工。


いらない部分を除去。
これだけあると種回りのドロドロがグロくて良い感じ。


ぎゅうぎゅうのトマト
数が多いので、皮は煮崩してから除去致す。


今年は暑さのせいなのか異様にトマトの出来が良く
連日何かしらのトマト飯。
今日の調理でまた数日分のミートソースが完成。
ミートソースだけで冷凍庫がパンパンなり。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

梅干し

(´・ω・`)梅仕事

毎年恒例の梅干し作り。
もう10年位やっとるので、だいぶ上達してきた。

早速梅の仕入れ。
今年は結構青梅が混じっていた。
梅干用として売られている梅でも、そのまま漬けるにはちょっぴり早し。


なので追熟。
追熟は終了タイミングを間違えると黒い斑点を出してしまったり
カビさせてしまうので程々のところで切り上げる。
今年は失敗梅無し、上達したもんじゃ。


梅はヘタの部分からカビが発生するので塩を詰め込んでカビ防止。
この部分から塩が染みこみ、梅酢が出てくるので梅酢も上がりやすくなる。
うむし、良い感じなり。


梅雨が明けたらしいので、6月30日に天日干し開始。
梅雨が明けてから天気が崩れだした年もあるので
連日の晴天を逃さず干すなり。
樽から取り出した直後は黄色梅。


一日干すと梅干し色になります。


後は良い感じに干せたら取り込んで完了。
今年も無事に中々の梅干しが出来たわい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

雑記

(´・ω・`)、 ペッ

毎日サッカーを見てて思ったのだけれど
衝突したり、足が掛かったりするとすぐに転ぶスポーツなのに
何故サッカー選手はあんなに唾をペッペッと吐くのか
コート内に吐いてたら、唾の上を転がる事になるのじゃないのかね
何だかなぁと思いつつ、おもろいから寝不足だわい。

おぎのや小鉢の「カタヒバ」
葉っぱが生え揃い青々としてきた、涼しげなり。


雨が続くと発生する謎キノコ。
サッと生えて、サッと消えていくので特に問題は無し。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

梅仕事

(´・ω・`)梅酒仕込み

庭の梅を収穫。
どっぷり2リットル漬け込むなり。


漬け終わった梅も食べる派なので
カリカリ状態を維持する為に氷砂糖は少なめ。


氷砂糖が多いと梅エキスは良く出るけれど
梅がシワシワのぐにゃぐにゃになります。

梅エキスを抽出しつつ、梅のカリカリも維持する
この氷砂糖の配分が梅酒造りの難しいところすん。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

トキワシノブ

(´・ω・`)久しぶりの「トキワシノブ」

直射日光を避ける為、栽培棚の下で生息させていた「トキワシノブ」
地味なシダの上、目立たない場所なので記録をさぼっていましたが
苔鉢のバリケードを突破して表世界の苔に侵食してきたので記録です。


知らん間にこんなにも育っていたのかと鉢をどかすと
ゴツイ根っこが這い回ってた。
この根っこは表面が白い毛に覆われモフモフで綺麗です。


近くで記録。


この植物も変わっていて、人為的に水をあげなくても
たまの雨や夜露だけでも生きていけるタフな植物です。
さらに土が無くとも生存可能で、僅かな土を探し求め這い回ります。
ベランダの上でもまったく問題無く、むしろ土有りの鉢で大切に育てていた頃よりも
土無しでそこいらに転がしている今の方がイキイキしている皮肉。

多肉よりも強靭で、苔と同等のタフさがあります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

雑草

(´・ω・`)雑草育成

苔絨毯に生えた雑草を鉢に植えつけてから2ヶ月。
最初の一ヶ月で花が咲いた。
思っていたよりも楽に育ってくれた。


次から次へと蜜を吸いに飛んでくる虫を観察してるだけでも面白し。


それから一ヶ月。
花芽を次々に出し、葉が巨大化し始めた。
何の雑草かはわからないけど、想定より大きな植物だったらしい。


どんな風に育つのかわからないのも
雑草栽培の楽しさですなぁ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

(´・ω・`)一応梅鉢も記録

梅の花が好きなので、拾った梅の実で種から育て始めた梅。
育て方が気に食わないのか今年も咲かず・・・
毎年葉っぱだけの木を育てている状態。

梅はしっかり枝を切ってやらんといかんので
短めにカット。


終わり。


機嫌を直して来年こそは咲いてほしいもんです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉神

(´・ω・`)ふんふんふ~ん♪

いつも通り、ホームセンターの帰り道。
多肉を買ったお釣りが余っていたので
気まぐれにロト6を一口購入。
初ロトなので数字は機械にお任せ。

そして抽選結果は・・・

(04)(10)(16)(17)(20)(24)【31】


多 肉 神 が 微 笑 ん だ !

これは好きな多肉を買えという思し召しに違い無し。
5等とはいえ、多肉購入の資金としては十分なり
この当選金でちょっぴりリッチな多肉を購入しよう。

ありがとう、多肉神

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

豆苗

(´・ω・`)豆苗(とうみょう)

ずっと「とうびょう」と読んでいたけど、正しくは「とうみょう」と読むらしい。
美味なので頻繁に食べていたところ、豆苗は再生出来るという情報をネットで入手。
いまいち量が少ないなと思っておったので早速挑戦なり。

購入した豆苗を切り取った直後。
葉っぱの付け根から脇芽は出るので、下の方にある小さな葉っぱを残してカット。
この葉っぱまで切り取ってしまうともう芽は出ないかと思う。

水は根に少し浸る程度、入れすぎると豆が腐ったりカビが生えるらしい。


五日後。
新芽がドバッと出始めた。
良く見てみると、どの茎も残した葉っぱの付け根から芽を出している。


二日後。
ここまでくると成長が加速してきた。
食べるにはまだ物足りないのでもうちょい待機。


一日後。
大きくなるにつれて成長速度も加速している感じ。
一日待っただけで食べるには十分な大きさに。


収穫。


事前情報では二十日くらいかかるようでしたが
季節が良かったのか、開始してから一週間そこいらで収穫出来ました。
手間も場所も取らず、買ってきた豆苗と同じ状態の物が採れるので
この豆苗再生法はとても便利なり。

調べたところによると再収穫は2回くらいまでしか出来ないようで
それ以上やると芽の数も少なくなり、弱々しい細い茎しか出さなくなるらしい。

液肥入りの水でなら3回目もいけるかもしれないので
このまま実験継続してみよう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

たんぽぽ

(´・ω・`)さらに開花

タンポポの花は春先だけかと思っていたら
一休みしてからまた咲き始めました。
しばらく動きの無い休憩期間があったのは謎ですが
また毎日咲いてくれて楽しいもんです。


苔に生えた謎草。
今年は咲かないかと思っていましたが、早速つぼみを付けました。
が、いつも通りのピンボケ。
タンポポかと思っていましたが、花の茎を見るにタンポポでは無い様子。
どんな花が咲くのか楽しみなり。


雑草栽培は楽しく、お金もかからない良い趣味です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ディスキディア

(´・ω・`)お土産でもろた「ディスキディア」

カンガルーポケットとも言うらしい。
「カンガルーポケット」の方が覚えやすそう。
良くわからない謎植物ですが植え替えたので記録。
用土はどうしたら良いのかわからんので安定の赤玉土に
元から入ってた木のかけらの様な物をブレンド。
結構乾燥に強いらしく、怠け者には向いてる感じ。

そして一番の謎は異様に発達した葉?のような物体


別角度から


厚みがあり、触った感じだと中身は空っぽい。
ざっと調べたところ、この中に水を溜め込むとか何とか・・・
現時点では購入時からまったく成長してもいないので
どんな植物なのかさっぱりわからんち。

ただ、伸び過ぎたツルを切った時、切り口から流れ出た汁が手に付いてしまい
洗っても全然落ちず、ずっと指が張り付く状態に・・・
この植物の汁は凄くベタつくという事だけわかった。
栽培には特に役立ちそうな情報では無い。
引き続き観察です。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村