FC2ブログ

苔ベランダの観察記録

苔や多肉の記録です

多肉植物

(´・ω・`)やる事無し

やる事が無くて、毎年1~3月は記録の回数が減ってしまう
ので、先延ばしにしていた植え替えでもやり始める事にする。



「ツメレンゲ」

子株が根付き
さぁ、これからだ!今年は溢れんばかりの「ツメレンゲ」を満喫するぞ!

と、意気込んでいた夏の頃。




が、結局全然育たず

ほぼ何も起きないまま冬芽を作られてしまった

そんな秋の頃。




冬場に入り、完全に冬眠の姿

カチカチの球根状態になり
水が無くても耐えられる状態へ仕様変更されている。

「ツメレンゲ」はタフな植物
上手くは育ってくれないけどもさ。

芽が動き出す前に植え替えようと
鉢の準備を始める。




倉庫前に勝手に生えた「ツメレンゲ」

日当たり悪く、下はコンクリでとても良好な環境とは言えないけれど
何故か葉っぱも大きく、状態良く育つ「ツメレンゲ」

この好調の秘密は普通の庭土にあると推測し
今年は庭の黒土で育ててみる事にする。

黒土はモグラが庭にポコポコと山を作っていたので
そこから採取してきた。

モグラが土を耕してくれてたので
フカフカで丁度良さそうな土になってた。




そして植え込む!

配分は赤玉3:黒土7
毎年上手くいかない「ツメレンゲ」だけれども
上手く育つ方法を探しながらの栽培は楽しい。

去年の赤玉オンリーとは環境が全然違うので
今年こそは期待出来る・・・!

そんな難しい植物じゃ無いんだから
今年こそは、今年こそは頼むよぉぉぉ!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

サボテン

(´・ω・`)暖かし

暖冬の影響でホムセンの多肉売り場が今年は外に出来ていた。

店内の多肉コーナーが縮小されたからか
サボテンコーナーが充実し始めていた。

これは!と、ちょこ~っと覗いてみたら
やっぱり良さげなサボテンを発見してしまい
やっぱり購入してしまった。ふふふんふん♪




名前は「希望丸」と言うらしい

「小町」に似てる感じなので比べてみる

「小町」の方がトゲが繊細。

「小町」のトゲは攻撃力が低く
細かいブラシのようで触り心地が良い。




早速植え替えた

「希望丸」は良く見ると結構しっかりとしたトゲがある
このトゲ自体は結構鋭く、攻撃力も高い。

が、密度が高いからなのか
上手く触れば手には刺さらない程度の攻撃力。

そんな適度なトゲ具合が気に入り購入
将来が楽しみなサボテンがまた一鉢増えたわい。


そして今夜の趣味の園芸は「エアプランツ 満開&巨大化計画」ですと!
これは絶対に見なければ・・・!
が、きっと寝ると思うのでしっかり録画予約をしておこう。

ふぅ~楽しみ、楽しみ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(((´・ω・`))) 寒すぎる・・・

明日は10度を越すくらいの暖かさにはなるらしい
が、曇りなのできっと明日も寒い。

もう1月中は太陽が出ないとかテレビで言ってたけれど
寒過ぎて困りますなぁ

が!その寒さのおかげで紅葉がさらに進んだので
また「虹の玉」記録。



1月の初旬の頃

まだ緑部分が目立っていた「虹の玉」

鉢が茶色なので、紅葉が目立たなくて嫌だなぁ~
と、思っていたけれど緑が残っていてくれたおかげで
結構目立ってくれていた。




そして3週間後

紅葉が進んだらより目立たなくなってしまった。

やっぱり鉢の色選びを間違えたな
これでさらに赤くなったら鉢の色と同化してしまうわい。

しかし、今年は暖冬なので紅葉はここいらがピークだろう
例年だと葉っぱが霜でやられ
三分の一くらいはポロポロと落ちてしまうけれど
今年はほぼ無傷。

普通だったら寒さで枯れてる雑草や
紅梅の蕾も付くのが早いので
植物たちにとっては暖かい冬なんでしょうなぁ

人間には寒いけれどもさ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(((´・ω・`))) 寒かったわ

今日は晴れていたけれど
強風のせいで凄く寒かった。

そして明日からは天気が崩れ
曇り&雨&雪が続くらしい。

あ・・・「ハエトリソウ」の植え替えを忘れてた
まーたしばらく先送りになっちゃったわい。

うむ、2月に入ってからでいいかな!




乾燥した「十二の巻」記録

随分と長いこと水を切ってあったので
かなりクシャってきた。




ので、久しぶりに給水

ゴクゴクと水を吸い上げ
葉っぱがパリッとした。

たっぷり給水出来たので冬が明けるまで
これで十分足りるだろう。

多肉の水遣り頻度は
ずぼら管理くらいが丁度良いので助かりますなぁ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

サボテン

(((´・ω・`))) ブルブルブルリンチョ
 
前にテレビで正しい羽毛布団の使い方ってのを紹介してた。

正しくは羽毛布団の上に毛布をかけるとの事だったけど
毛布が外だと全然暖かく無かった。

やっぱり毛布を中にしつつ、体に巻いて
蓑虫状態にしてその上から羽毛をかけるのが一番暖かい。

紹介されてた方法は無視する事にしよう。



そんな「瑞鳳兜」

が、花が咲いている時以外は地味なので
苔の為に記録した。

最近は適度な雨のおかげで湿っている事が多く
苔がご機嫌状態。

モコモコしとるねぇ~良いモッコリだねぇ~



いつも斜めからで真上から撮影した事が無かったので

真上から。

何かこんな感じのポケモンがいたなぁ
と、思ったので調べたら
[スターミー]に似てるんだった。

角がちょっと足りないけどそっくり。

「瑞鳳兜」は極寒の時期でも凍りつく事も無く
管理がとても楽ちん。

トゲ無しタイプのサボテンも、安いのを見かける事が出来たら
もう少し増やしたいなぁ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

サボテン

(´・ω・`)・・・咲いた

咲いたけど・・・



地味だった

もっとパァァァっと咲くものと思っていたけど
チョボッとしか咲かなかった。



こっちの花も同じような咲き方

という事は、これが「白星」の咲き方なのか。。


いや!初めての開花だし、上手く咲かす事が出来なかったのかもしれない!
きっと来年はパァァァっとした花を咲かせてくれるに違いない!

と、前向きに考えておこう。

何にしても、とにかく咲いて良かった
本番は来年・・・本番は来年。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´・ω・`)万年草が枯れまんねん

花粉の気配を感じ始めた。

流石にこの時期ではまだ飛んではいないだろうけれど
ちょっと目がしょぼついたり、鼻水が出始めると
ハッ!花粉か!?と、過敏に疑い始めるようになってきた。

花粉は2月頃には飛び始めるんだっけか・・・
今から憂鬱。



そんな「万年草」のまとめ記録

どうにも昔から上手く育てる事の出来ない「万年草」
なので、今までの環境を変えて
新たな用土で栽培を開始したのが去年の7月頃

小さな株をちょこちょこ植えていった。




「万年草」自体は強靭なのですぐに根付いた

植え付けから約2ヵ月後の頃




そこからさらに2ヵ月後の頃

ここまでは順調
そしてここまでは今までも育てる事が出来た。




問題はここから

冬場に入ると下の方から葉っぱが枯れ始める
ある程度枯れるのは問題無いのだけれど
何故か暖かくなっても状態が回復しないまま
ずっと不調が継続してしまう。

と、いうのが今までの栽培実績。

この新たな環境では、春になったら回復出来るのかどうかを
しっかり観察しなければ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

サボテン

(´・ω・`)新年早々めでたし


めでたいので「白星」のまとめ
(サボテン)白星
「白星」を購入したのはまだ高校生辺りの頃
なのでこれは20年位前の記録。

綿埃のようなモコモコっとした姿。



そこから十数年経過

ずぅぅぅぅっと植え替え無しの放置。

毛並みは乱れ、モコモコ感は無くなり
隙間からは苔まで生え、荒れ果てた状態。

「白星」より苔の方がモコモコとしてて綺麗。



そんな状態を改善すべく

引っこ抜き、植え替えを開始したのが
2016年の9月。

かなりぎゅうぎゅうに詰まってた。



広々空間に植えてあげる為に

一株づつ分離させる。

結構な数になった。



空いてた鉢に植えつける

ここから全ての株がモコモコに育っていってくれるだろう
と、この頃は思ってた。



そんな一年後

禿 げ だ し た


全然モコモコしないばかりか
かなり寂しい状態になってきた。


が!ここからの復活を信じてさらに一年が経過・・・すると




死 に だ し た 

地肌が露出し、次々と枯れていく「白星」
残ったのはまだ緑を維持している3株に
黄色気味でやばそうな1株のみ。

が、良く見ると頭頂部から僅かな発毛を確認
この発毛こそ復活への兆候!



そしてさらに1年経過の2019年5月の頃

モ コ モ コ し だ し た 

まだ全体を包みきれてはいないが
明らかに復活に近づいている。

手前の株はこの時点でも若干やばそうだった。



2019年の夏過ぎ辺り

全体が綿毛に包まれた。

「白星」の成長に適した水遣りペースが中々掴めず
復活までに3年もかかってしまった。

が、水遣りスキルが上昇してからは
結構順調に成長させる事が出来ていた感じ。

手前にあった株は後もう一歩のところで消滅
黄色気味だったやばそうな株は何とか持ち堪えてくれた。



そ し て ! ! ! 

2020年元旦!

遂に蕾を確認!やったああああ!
「白星」の花が見たかったんだよぉぉぉお!



嬉しかったので接近して記録

こっちの株には2個



こっちの株には1個

「白星」は沢山花が咲くと何処かで読んだけど
花の数は少なめだった。
が、まだ体力も回復しきっていないので
3個も咲けば十分だろう。

黄色のやばそうだった株にも蕾無し
これも仕方無かろう、生き延びただけで十分、十分。

やっとこさ開花にまで漕ぎ付ける事が出来た
後は鉢一杯にどんどん増殖させ
モコモコの「白星」から大量の花を咲かせるのが目標。

そしてまだ咲いてはいないので
開花を見逃さないように観察を続ける事にしよう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´・ω・`)あけました

子供の頃からお節という物があまり好きじゃ無い。

小さな頃から周りの大人たちに(歳をとったら好きになるよ)と言われていたけれど
どうも未だに好きになれない。

お正月料理で好きなのは[なます]と[数の子]のみ。
[なます]だけは毎年大量に作り
ひたすら[なます]だけを食べ続けてる、そんなお正月。



[なます]も食べ疲れたので「虹の玉」観察

暇なので新鉢に植えてからのまとめ記録。

新たに植え替えたのが去年の8月
植え替えのダメージを減らす為に
前の鉢のまま移植した。



そのまましばらく経過

段々と落ち着いてきたので
大きな株はカットし挿し戻し
取れてしまった葉っぱは空いたスペースにばら撒いておいた。



それから3ヶ月経った11月の頃

挿した茎も一人前に成長し
ばら撒いた葉っぱもほぼ根付いてくれた。

ただ水遣りのペースが多かったようで
若干徒長させてしまい、間延びした姿にさせてしまった。

ここから水をきっちり絞って乾燥気味に管理すると



だーいぶギュッとした姿になってきてくれた

紅葉が始まりだした12月の頃。



そして一ヶ月が経過した現在

さらに紅葉が進み赤さが増してきた
が!ここにきて気づいた。


紅葉の色と鉢の色が被ってる・・・
茶色の鉢は失敗したなぁ
これじゃ紅葉が目立たんよ。


鉢の色もあるけれど、ちょっと今年の紅葉は元気が無い感じがする
ので、過去の紅葉記録を調査してみると



2017年は12月の時点でこの赤さ

テレビで今年は暖冬になると言っていたけれど
紅葉具合を比べてみるに、今年の冬は確かに暖かいようですなぁ。

よし、2020年も「虹の玉」増殖に励む事にしよう!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(*´・ω・`)ふぅ~良い天気じゃった

太陽のある日は作業が捗る
そして明日は雨
だけども、最近は良い間隔で雨が降ってくれているので
苔には嬉しい
適度な雨はありがたい。

予報を見てみると明後日は気温20度!
季節外れの気温はちょっぴり楽しみ。



そしてホムセン徘徊での収穫記録

300円まで値が落ちていた多肉を発見
葉っぱの感じから「十二の巻」の仲間な気がする。

お店で発見した時から気になっていたけど
上の方が大きく成長している。

お店の店内は薄暗く、長期間置いてあると
普通は葉っぱが緩んだり、だらけたり、徒長したりで
悲惨な姿になってしまうけれど

この「九輪塔」は逆に大きく成長している
という事は、きっと結構暗めの環境を好む多肉なのだと思う。

本当に室内向きの多肉なのかをしっかり調査しておこう。



ついでに「十二の巻」記録

古い葉の先端が枯れているのは
前年に霜に当ててしまったから

が、やっと中央から綺麗な葉っぱが出揃ってきた
次の植え替えでは古い葉を除去し
綺麗な姿へ戻してあげよう。


そうだ、寒い時期に植え替えするのは不安なので
「九輪塔」はこのまま越冬させ、春になったら植え替えよう。

忘れないように記録メモ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(;´・ω・`)おぉ~いてぇ・・・

まーたササクレを引っこ抜いてしまった。

寝ている時に毛布の縁を触った時
爪の横がガジガジっと引っかかるとどうしても気になってしまう。

ここで横着せずに爪切りで綺麗に切るのが正解
横着して引っこ抜くのが不正解

ササクレの傷自体は大した痛みじゃないけれど
そこからばい菌が入って化膿してからが痛い。

物を掴む時も痛く、熱を持ち、ズキズキの痛みが続く

もう絶対に引っこ抜かないようにしよう
どんな小さなササクレでも激痛に発展する可能性がある
ササクレを見つけたら面倒でも爪切りでカット!

そんな何度目かの誓い。



そして「紅輝炎」の記録

今年初頭の無残な姿の頃
次々と葉っぱが枯れ落ち
これはもう駄目かもしれない

と、諦めかけたその時・・・!



徐々に復活を始めた初夏の頃

てっぺんに残ってた数枚の葉っぱも枯れ落ちて
ただの棒になってしまった状態から
モコモコモコっと新芽が吹き出した。



そして現在

だーいぶ賑やかな姿になってきた
成長点が複数あるので栄養が分散して
成長はゆっくりな様子。

てっぺんが一番大きく成長し
脇芽はやや小ぶり
栄養が運ばれるのにも優先順位があるらしい。

そしてササクレは爪切りでちゃんと切る事
面倒でも爪切りで切る事
絶対に引っこ抜いてはいけない事

今度こそ忘れないようにしなければ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(((´・ω・`))) ブルブルブルリンチョ

寒さで熟睡出来なくなってきた。

体が冷え過ぎて途中で何度も目覚めてしまうので
モコモコ靴下を装備する事にした。

モコモコ靴下の無敵感は凄く
素足だと布団内の冷たいところへ
足を突っ込むのには勇気が要るけど
靴下を装備していると冷たい場所へもガンガン突っ込んでいける。

布団内で靴下を装備するのには抵抗があったけれど
これはとても良い
もっと早くに装備すべきだった。



そんなモコモコ系多肉の記録

植え替えた直後の「黒兎」
5月頃の様子。

「黒兎」に限らず、モコモコ系の多肉は
夏場はあまり成長しない感じなので
暑い間はあまり観察してこなかった。



最近の「黒兎」

寒くなり成長を始めた。

葉っぱのサイズは変わっていないので
順調なのかどうなのかはわからないけれど
成長自体はしている様子。

もっとたくましい葉っぱを出すのかと思っていたけれど
画像検索で見たところ、大体こんな感じの育ち方らしい。

ただ順調に成長すればもう少しがっしりしてくるようなので
来年の夏までの間に出来る限り成長してほしいもんです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´・ω・`)明日は寒さが本気を出すらしい

曇りやら雨やらに気温は5度とかそんなもん
こういう日は油断すると霜焼けになる。

霜焼けは一度なってしまうと痛痒さで一ヶ月近くは苦しむ事になるので
ならない事が大事。

と、気をつけてはいるのだけれど
何だかんだで毎年数個は霜焼けを作ってしまう。

ならない人は全然ならないんだけど
血行が悪いのかね、血行が・・・
まぁ、なるのはマウスを握る右手だけだから
原因は絶対PC遊びなのだと
わかっちゃいるけどやめられない。フフフン



そんな「センペルビウム」記録

購入直後のセンペル

販売してた時点でかなりしっかりしていたので
観察開始直後から中々立派な姿。



そして梅雨辺りで勢いがピークに達する

色もサイズもとてもかっこよくなっていた。

加湿に弱いとの情報は知っていたけれど
少しくらいは大丈夫だろ~と油断していたら・・・



急激に衰え始めた初夏の頃

周囲から次々と葉っぱが変色し枯れ落ちてしまった。

もう雨には当てないように多肉台の下へ入れ
しばらく様子を見ていたら



今度は緑になった

枯れ落ち現象は止まってくれたけれど
綺麗な紫色が消失してしまった。

中々上手くいかんもんじゃ。

今度は日に当てつつ、雨を避けつつ様子を見ていたら



色は微妙に戻ってきた

が、最盛期から比べるとかなりちんまりとしてしまった。

環境の変化で敏感に反応するので
来年はベストな環境を見つけられるように調査しよう。

ちんまりした姿も良いんだけど
暖かくなったらまた大きな姿も見せてほしい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(((´・ω・`))) 真冬の長雨

連日の雨続きで観察へ出られず困る
が、冬場なのでベランダへ出てもこれといってやる事も無いのだけども。




そんな丸鉢多肉の集合記録

1年では成長しきらなかったけれど
どれもまぁまぁ成長したかな。

上段真ん中の「高砂の翁」は植え替えが遅かったので
ちょっぴり微妙な感じ。

下段右の「リラシナ」も重厚感が増してきたし
下段左の「花月夜」もかなり形が整ってきた。



最初はこんなんだったし・・・

こんなだらしのない多肉は見た事が無い!というレベル。

徒長した多肉は良く見かけるけれど
ここまで酷い状態になってしまった多肉は中々無いですなぁ。

これが半年程度であそこまで復活してくれるとは
良かった、良かった。


ちなみに予報では雨は今日まで
明日には晴れるらしい
が、明日は今日よりもさらに気温は低くなるとの事
でも晴れてさえいれば気温は低くても暖かく過ごしやすそう。

せっかくの長雨だったし、じっくりと苔観察をする事にしよう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´・ω・`)雨降りだったが暖かし

明日もそんなに寒くないとの予報
明後日からは冷え込み始め
予報では次の土曜、日曜の最低気温は0度まで下がるらしい。

遂に冬が本気を出し始めた。



そんな「クーペリー」記録

屋内避難する前の10月頃の状態

やはりこの多肉は涼しくなると活動的になるようで
中央部分の葉っぱがイキイキし始めてた。



一ヶ月経過

良い感じの葉っぱが中央から次々と生え始め
色も濁った状態から透明感が復活し始めた。

周囲にあるデロ~ンとした葉っぱとは
全然形状が違う。

水をあげていないからか、ギュッと詰まった感じの葉っぱ。



水をたっぷりあげていた去年の「クーペリー」の姿

健康そうと言えば健康そうだけれど
何だかズドーン!とした感じで何かが違う気がする。

今年は出来る限り水やりを控え
水分量によって葉っぱがどう変化し
どの位の水分量が一番綺麗な姿になるのかを調査しよう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´・ω・`)冬支度


倉庫横の僅かな土に生えている「ツメレンゲ」

コンクリートの上に土が少しだけ積もっているような過酷な環境なのに
とても調子良さそうに成長していた7月の頃。



現在

厳しい環境なのに立派な花を咲かせてた。



そしてベランダで大事に育てようとしていた「ツメレンゲ」の子株たち

絶対に倉庫横よりこっちの方が土が多い。

ならばこっちでも成長するだろう
溢れ出る程の「ツメレンゲ」鉢に育て上げてやろう!

と、意気込んでいたのが7月の中頃



そして現在

何なのこれは・・・

殆ど成長しないまま紅葉で葉っぱが色付き、冬芽を作り冬支度を済ませてた。

花を咲かそう何て気はまったく無さそう。

何が違うのかなぁ~
倉庫横なんて土が無ければ、栄養分だって無いし
水だって雨頼りで常に干からびる寸前だし
日当たりだってそんなに良く無いのに・・・

わからんなぁ
なーんか下手に世話をせずに、放ったらかしの方が良いのかもしれない。

よし、来年は放置&放任栽培の実験をしてみる事にしよう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´・ω・`)やる事が無くなった

面倒だった水遣りも屋内避難したら楽になった
が、楽になったら楽になったでやる事が無くなり寂しい。

秋になり土の乾きも遅くなってきたので
乾いたかな?乾いたかな~?
と、土の渇きばかり気にしてる。

面倒だと思っていたけど、自分がこんなに水遣り好きだったとはね。
早くじゃんじゃん水をあげられる季節になってほしい。

夏はこないだ終わったばっかりだけどもさ!



そんな「虹の玉」記録

新天地へ植え付けた直後の8月頃の事。

茎を細かく切断し、田植えの様にプスプスッと挿していった。



4ヵ月後の「虹の玉」

だいぶ伸びてきた
が!結構間延びしてる感じがする。

原因は・・・水のあげすぎだね!HAHAHA
水遣りが楽しいからってあげ過ぎちゃってたよ。

土も今までのサボ土よりも保水力のある土へ変更したし
鉢も今までのより何倍も大きくなった
ので、中は全然乾いていなかったのだと思う。

来年は水遣り頻度を減らし
完全に雨任せ程度でも良いのかもしれない。

この鉢は軒下に置いてあるので
軒下まで吹き込む雨は夏場でも数回程度
でも、その位でも良さそうな感じ。

人間の出る幕は無さそう、寂しい。

けども、間延びを防ぐ為に来年は我慢せねば。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´・ω・`)田代マーシーまたやっちゃった

youtubeでちょこちょこ見かけていたから
もう今度こそ大丈夫なのかな
と、思っていたら駄目だった。

薬物で出所した人には定期的な検査を義務付けるとか駄目なのかな
定期検査があれば抑止効果もありそうだし
検査が面倒でも本人の為にもなるだろうにね。

薬物は一度やったらやめられんよ、という事を
マーシーはまた身をもって教えてくれたね。



そんな「春萌」記録

植え付け直後



現在

透明感のあるグリーンが綺麗になってきた
シャインマスカットのような姿で美味しそう。



5月頃の「乙女心」

冬明けで随分寂しい感じになってしまった状態。



から、約半年経過

ちょこちょこ挿し戻しを繰り返し
ここまで復活させる事が出来た。

ここでまた冬越しをしくじると
また来年の春に寂しい状態からのスタートになってしまうので
今度こそ枯らさずに冬越しを成功させねば。

「乙女心」は葉っぱの先端が赤く紅葉するのだけれど
まだ寒さが足りていないのかな。

紅葉も楽しめるのが多肉の魅力なり。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

サボテン

(*´・ω・`)知らんかったわぁ

恥ずかしながら、油揚げの作り方を最近知った。

アレって薄い豆腐を油で揚げて作っているらしい。

という事は、豆腐と油揚げの味噌汁は
形は違えど、中身は同じ材料だったという事だったんだね。

豆腐も大豆、油揚げも大豆、さらに味噌まで大豆
良く考えたら豆ばっかり。



そんな「金盛丸」記録

そろそろ今年も終わりかけなのでまとめ始めよう。

今年のまとめなので2019年の記録を調べると
ここいらが一番最初かな。

4月辺りの様子
春になった直後で色も悪く、子株も枯れ落ちるんじゃないかと
不安だった頃。



ここから2ヶ月経過

6月になり気温の上昇とともにグググッと子株が膨らみ
次から次へと子株が芽吹き出し、賑やかになってきた頃。



そして4ヶ月経過した現在

どの子株も枯れ落ちる事も無く
全て順調な状態で年を終えられそう。

来年はこれどうするかなぁ
子株をそのまま育てたらどうなるのかの調査中だけれど
このまま生長させていくとサボテン同士で
針の刺し合いとかにならないのかな。

大きくなる為のスペースも狭くなり
このまま成長を続けてくれるのかもわからないし・・・

ふむ・・・まぁ、もう1年くらいは様子を見る事にしよう。

植え替えはトゲも怖いしね!



ダイソーサボテンの1年

結局名前がわからないままの謎サボテン

春になったばかりの頃はサボ肌の色も悪く
本体自体も枯れないかどうか不安だった4月頃。



3ヶ月経過した7月頃

こちらも気温が上がると勢いを取り戻し
ポコポコと子株が芽吹き出した。

小さなボディーに似合わず、意外と子沢山で
凄い増殖力だなぁ~小さくて可愛らしいなぁ~
と、微笑ましく眺めていたら・・・

4ヶ月で・・・




ぎゅうぎゅうになった。

子株に栄養取られてんのか本体が全然大きくなってないじゃん!

子株の成長具合も嬉しいけれど
立派な本体も見たかったよ。

子株の数を数える・・・・見えない部分のも入れると
17個もあった。

これじゃ来年も本体の成長・・どころか
花も見れないかもしれないなぁ。

う~ん・・・まぁ、こっちももう1年様子を見よう
トゲも怖いですしね!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

サボテン

(((´・ω・`))) 寒くなってきた

気温予想を見てみると今週末辺りから
最低気温が10度を下回り始めるらしい。

そろそろ屋内避難の季節。

去年は多肉の大部分を徒長させてしまい
枯れる事は無かったけれど、あまり上手くは越冬出来なかった
ので、今年は上手く越冬する方法を調査したいと思う。  

まぁ、まずはガラクタだらけの出窓を片付けねば。



そして苔の・・・いや、「瑞鳳兜」の記録
(サボテン)瑞鳳兜 
残っている最古の記録
確か高校生辺りの頃に買ってきたサボテンなので
もう20年近く前になるのかな。

鉢との比較で見るにペットボトルのキャップより小さそう

ちなみにこの頃はまだ鉢に苔も生えていなかった。

この状態で何年か経過すると、スナゴケとは別の
細かい苔が勝手に生えてきた。

その苔もサボテンと同じ様にゆっくりと成長し
10年で・・・



鉢を埋め尽くした。

この頃から苔の・・いや、「瑞鳳兜」の為にそろそろ植え替えねばならんなぁ
と、考え始め新たな鉢を探し始める。



で、良さそうな鉢が見つかり
植え替えたのが2015年頃

この鉢ならば広々として「瑞鳳兜」もご機嫌だろう
苔はあくまでオマケ、「瑞鳳兜」を目立たせる為の引き立て役

あくまでオマケ・・・あくまでオマケ・・・

そこから約1年経過



ウヒョー!苔が成長してきた!

小さな新芽が周囲の用土からチラチラと芽生え始め
徐々に苔の領地を拡げていく姿!

この頃が一番ワクワクするんだよなぁ


そこからさらに1年経過



ヒャー!一気にモッコリしてきた!

朝日を浴びる苔

伸びた直後は若々しく緑一色
綺麗だねぇ



そして現在

安定期に入り、キラキラの若々しさは無くなり
落ち着いた渋みのある苔姿になった。

苔の勢いが止まらず、縁が盛り上がり
鉢の淵から溢れ出しているところに
さらなる領土拡張の野心を感じる。

そうかそうか、もっと成長したいか、もっと増えたいか

よし、さらに大きな鉢を用意してあげよう・・・



苔 の 為 に !

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村