FC2ブログ

苔ベランダの観察記録

苔や多肉の記録です

多肉植物

(´・ω・`)気難しいったらありゃしない

こちら「ロンゲブラクテアータ」長い名前だけどこれは何故か覚えられた。
7月、夏真っ盛りの頃。
葉色が良く、葉の張りもパリッとしていて健康感がみなぎっている姿。


そして現在の「ロンゲ」 面倒だからロンゲに短縮。

何なんだねこれは・・・パリッとしていた葉っぱがペシャってしまっている。
もう日が落ちて暗くなってしまっていたので余計にしょぼくれた姿に見える。
まだ土には水分が残っているので水切れという訳では無さそう。
思い当たる節としては・・・寒さかねぇ

だとしたら、「クーペリー」の方は寒さで調子を取り戻し
「ロンゲ」の方は寒さで調子を崩すという事に。

ロンゲさん、寒いったってまだ10月ですぞ!
本格的な冬になったらどうなっちゃうんです。。

でもま、現時点では致命的な不調では無さそうだから様子見でいく事にしよう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

6月頃の「フォーカリア」
この頃は口を開いたような姿がかっこいい。
葉の淵にあるトゲトゲが牙のようでかっこいい。
口の中にあるボコボコがイカつくてかっこいい。


そして現在の「フォーカリア」

クリーチャーやんけ!
成長点が分かれ、いろんな所から芽を出し
ゴツい牙が至る所から出始め、可愛げが消え失せた。
この成長具合は普通の事なのかと、検索して他の人の「フォーカリア」を見てみると

・・・もっと巨大なクリーチャーだらけだった。
ここからさらに進化するらしい。

可愛げのある牙姿を愛でる種類かと思っていたけど
クリーチャー姿を愛でる種類だったようだ。

とにかく今後がどうなるか楽しみな多肉である。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

クリーチャー多肉の次は「暗黒竜」

「フォーカリア」の方が「暗黒竜」の名が似合いそう。
これも数少ないまともに育てられそうなハオルチアの一種。
   
7月時点の「暗黒竜」


何処が成長したのかわからない程だけれど
調子は良さそう。

ちっちゃなアロエ感に可愛げがある。
この先、成長と共に可愛げを失っていくのかどうかが気になるところ。


去年は外での越冬を試し、瀕死に追いやってしまった多肉が結構あったので
今年は全て屋内越冬させる事にしてみる。
屋内で冬を越した場合の多肉の変化、どのくらい徒長するのか等
まだまだわからない事が多いので、しっかり観察していこう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

サボテン

(´・ω・`)動かざること「金晃丸」の如し

本当に動かない「金晃丸」の記録

開始当初は赤玉で栽培していた
が!まったく成長しないので、赤玉とは相性が悪いのかと思い


通常の多肉用土へ植え替えてみた
が!!これも効果無し。まーったくの変化無し。


流石に1年以上経てば多少の動きはあるだろうと思っていた
が!!!やはり一切の動き無し。


これは根だ、根に問題があるに違いない!
が!!!!ほじくり返してみたら、それほど問題は見られなかった・・・

そして気になった点が一つ。
他の多肉やサボテンと違い、この「金晃丸」だけは、そこいらに転がっていた
間に合わせのペットボトルで鉢を作ったんだっけか・・・
そういえば以前、サボテンには感情があると何処かで聞いた事が・・・


(; ・`ω・´)ハッ!!さてはこやつ鉢が気に食わなかったのでは!


そんな訳で他の多肉たちと同じ、アイスコーシーの四角ボトル鉢に変更。

その他の環境は全て同じ、もしもこれで成長を開始し始めたら
適当なボトル鉢が気に食わなかったという事になり・・・
サボテンには感情が・・・

本当に成長し始めたら若干びびる。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´・ω・`)魅力が出てきた

購入当初の「魅惑の月」
葉数もまばらで、何ともみすぼらしい姿。


現在の「魅惑の月」

5ヶ月育成し、堂々とした姿になってきた。


この前ホムセンを徘徊していた時
そういえば、他の多肉栽培者さん達はみんなかっこいい鉢を使ってるよなぁ
一つ位買ってみるか、と普段は見ない鉢コーナーも見てみると。

お値段一鉢500円!かっこいいのはもっとお高い!
かっこ良く、大きな鉢だと普段購入している多肉の10倍くらいのお値段!
たっけぇ・・・なり。。

ふむ・・・しかし、ペットボトル鉢は安価だし、加工も容易
透明だから根の張り具合や土の乾燥具合も目で確認出来る!
さらに横穴を空ければ通気も良くなり、水捌けも抜群!!

うむうむ、どうやら私にはボトル鉢がお似合いらしい。

さぁ・・・冬の間にどんどん量産しとこ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´・ω・`)紅葉が始まった

夏頃の「高砂の翁」


現在、段々赤くなってきた。

画像検索をして、他の人の翁を見てみると
我が家の翁さんはまだまだ本気では無いようで
本領を発揮するともっとでかくなるらしい。

今年からは屋内越冬なので、このまま葉が減らないでくれれば
来年はさらに大きくなってくれそう。

寒さで葉を減らさないように注意せねば。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

7月頃の「霜の朝」


現在の「霜の朝」

どの多肉もこうして見比べてみると、季節によって結構姿が変化しておる。
夏場は夏感のある姿、涼しくなってからは冬感のある姿。
「霜の朝」(しものあした)という名前が似合うようになってきた。

ただ気になるのはこの多肉、葉っぱが一枚増えては一枚枯れ
一枚枯れては一枚増えるというサイクルを繰り返しているものだから
中々葉っぱが増えない。
どころか、見比べると減っている感じさえある。

「霜の朝」は色も葉の形も綺麗なので
もっと葉数が多い方がかっこいい姿だと思うのだけれど
中々上手くいかんもんです。

多肉道は奥深し。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(;´・ω・`)おやおや・・・

「恋心」に若干不穏な気配あり。
そろそろ冷えてきたので、多肉たちを屋内の出窓へ収納したけれど
急激に葉が痛み出した。

下の葉から既に4つ程ぶよぶよになってしもた。
一番窓際に置いていたので、寒さの影響かと思われるが

・・・この位の寒さで冬の本番を乗り切れるのかとても不安なり。

恋心は儚いですなぁ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

目覚しい回復を遂げてきた「クーペリー」
何度も経過を記録してきたけど、さらに変化してきたので追加記録。

真夏の「クーペリー」


涼しくなり張りが出てきた「クーペリー」


葉の色も回復してきた「クーペリー」


そして最新の「クーペリー」

葉っぱの張りがパチッパチになった事で、葉が立ち始めた。
もうこれ以上の変化は無さそうだけれど
夏場のしょぼくれた姿からよくぞここまで復活してくれたもんです。

後はこの勢いを維持した状態で、夏をどう乗り切るかが来年の課題です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

多肉植物

(´・ω・`)また狩ってしまった

外に置いてあった多肉を屋内へ収容し、気づいた事がある。

も う 出 窓 が 限 界 だ 

「ホテイアオイ」や「ガジュマル」「ウツボカズラ」等の冬を越せない鉢も収容したので
出窓スペースが限界、これ以上は置けない。
もう増やすのは控えようと思っていたけれど
未所持の多肉を見かけたら我慢が出来なかった。

まぁ、一鉢くらいどうにかなるだろうさ!フンフンフ~ン♪

そして獲物は「リラシナ」
リラシナDSC06004
珍しく覚えやすそうな名前で助かります「リラシナ」

現在の状態だと、普通の色形をしている姿だけれど
名札写真の姿は中々渋い色をしており
形状もまだ我が家には無い感じの形。

早く完全体に戻してあげたいところだけれど
そろそろ冬に入ってしまうので、本格的な成長は来年からになりそう。

寒い冬場はゆっくりと根を伸ばし力を蓄えておいておくれ。

さて、出窓スペースを作りに行くかね!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村