FC2ブログ

苔ベランダの観察記録

苔や多肉の記録です

植え替え

(´・ω・`)インチキ屋根業者が来た。

大抵こんなパターン
(近所で工事が始まるので挨拶に伺いました~)からの、帰り際に
(瓦が一枚ずれていますね!このままじゃ雨漏りするので修理を・・!)

もしくはこんなパターン
(近所の屋根修理に来てるんですが、うちの親方が
お宅の屋根のズレを見つけたので知らせてきてやれとの事で・・!)

屋根に登らせちゃうと見えないところの瓦をずらし、撮影してからまた戻し
修理費をたっぷりせしめるらしい。

他にも床下のチェック&修理を薦めるパターン
水道メーターを確認しながら漏水修理を薦めるパターン
地面に変な棒を突き刺し配管が壊れていると修理を薦めるパターン

怪しげな業者が多い
油断の出来ない世の中よ。




おっかないので植え替えをする

去年の冬
枝のみ状態の「銀杏」

ギンナンから発芽した若木の一年目




2年目はもっと快適に成長させてあげようかと

100円ショップで3回りくらい大きな鉢を購入

このサイズの鉢ならだいぶ大きく成長出来そう。




赤く色付いた「ケヤキ」

これは去年の秋の頃

今までは盆栽風に小さく成長させたり
葉を刈りこんだりしてきたけれど
この紅葉を見てから気が変わった。

今年からは「ケヤキ」の好きなように伸び伸びと成長させ
思う存分紅葉させてあげようじゃないか!




との事で、まったく似合わないサイズの鉢へ移住

今までは葉っぱの量も調節してきたけれど
これからは葉っぱを豊に茂らせてあげよう。

そして秋には真っ赤な紅葉を楽しませて頂こう
丁度「イチョウ」も黄葉するし、今年は賑やかな秋になりそう。

代わり映えのしないサボテンや
一年を通してほぼ変化の無い苔ばかりなので
季節を感じられる植物は貴重なり。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

パキラ

(´・ω・`)花粉は大体終わったね

今日スーパーのレジで凄く対人距離に敏感になってるおばちゃんがいた。

おばちゃんの後ろに人が並ぶとササッと前進し距離を保ち
横を人が通るとサササッと横へ移動。

周囲を警戒し常に一定の間合いを空けていたおばちゃん

(ここまで警戒するのか・・・凄いなぁ)と思いながらも
これだけ連日テレビでやってれば皆おっかなくなっちゃいますわな

無警戒なのは駄目だけど、神経質になり過ぎると
気が休まらず大変そう。

早く警戒を解ける日がくる事を・・・と、思ったら
丁度ニュース速報で{緊急事態宣言}との事。

まだまだ警戒の日々は続きそうなり。




おっかないので「パキラ」を記録

伸び過ぎたので伐採した直後
これが2018年の今頃


それから2年が経過




だーいぶでっかくなってきた

が、ベランダの壁よりも高くしたいので
このまま成長を続けさせる事にする。

立派な大木に育っておくれ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

どんぐり

(´・ω・`)やったあああ!

前回までのもふりっち



そして12月の頃のもふりっち

どのコロニーも滅亡をギリギリ踏み止まっている状態。

それから4ヶ月経過・・・




もふりっちが動き始めた!

もう駄目かもしれないと諦めかけていたけれど
葉の密度も増し、緑も濃く、新芽もぐんぐん伸ばし始めた!
何より触ると力強さが違うよ!力強さが!

しかし動き出すまでに長かったなぁ
成長を開始するのに結局1年近くかかってしまった。

そして・・・この鉢内では新たな仲間が誕生している
が、画像で見ると全然わからなかった

中央、ちょい左下辺りから去年の冬に埋めた
どんぐりが芽を出し始めた。

もふりっちは確か直射日光が苦手だったような気もするし
地表の浅いところはもふりっちが根を張り
深いところはどんぐりが根を張るだろうから
相性もそう悪く無いんじゃないかと思う。

何よりもミニチュアのどんぐり林の下を
もふりっちが覆い尽すという光景が面白そう。

楽しい春になってきましたなぁ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ガジュマル

(´・ω・`)まーだまだ寒い

が、明日からは結構暖かくなるらしい
がが、最低気温はまだまだ低い

昔は4月の時点で外に戻す事が出来ていたから
最低10度くらいにはなっていたと思うけれど
まだ当分は最低気温が一桁前半が続くらしい。

せめて安定して最低5度は越えるようになってくれんと
外に戻す事は出来んなぁ




そんな「ガジュマル」記録

空きプラケで栽培していたけれど
この容器ではここいらが限界のようだ。

小さな姿も中々かっこいいけれど
やはりもう少し大きくなってもらい
大木の風格を備えて頂きたい




ので、二回り・・・いや、三回り、四回り・・五回りくらい大きな鉢へ移動

木と鉢の大きさが似合っていない
が、成長力旺盛な「ガジュマル」なので
今シーズンが終わる頃には
この鉢のサイズに似合うほどになってくれるだろうと思う。

今年の成長振りが楽しみ

が、やる事無いから植え替えたは良いけれど
寒くて外に出せない。

早く春の日に当ててあげたいものです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ビワ

(´・ω・`)うーし、遂に雨が来る

しばらく雨模様らしい
明日から日曜にかけて崩れる予報との事
こんなにまとめて降るのでは無く、どうせならもう少し散って降ってほしかった。

さらに気温がグングン上がるようで
明後日からは15度以上、日曜日に至っては20度との予報。

苔の植え込みも控えているので
どっぷり濡らして頂きたいもんです。




そして記録を忘れてた「枇杷」

殆ど撮影もしていなかったので
過去記録を調べると
枇杷計画1 枇杷計画2
二つ記録があった。

で、確認していて思い出したが
途中からオマケで植えていた「マルバルコウ」の観察に夢中になり
「枇杷」の観察が疎かになってしまったんだった。

今年は「マルバルコウ」は封印する事にしよう。

2鉢とも無事に芽は出したが
ベランダ疎開の時に片方は枯れてしまった。

この豆腐パックの時はまだ2018年の夏頃
鉢に植え込んだ枇杷計画2が去年の6月頃

そして現在。




だいぶ立派になってきた

成長が早いのか遅いのかはわからないけれど
葉っぱを出す毎にサイズが大きくなっていっているので
順調ではあると思う。

現時点で手のひらを越える程になってきた。

枇杷鉢はエアコンからの排水が鉢に流れ込むように
セットしてあるホースが不恰好・・・だけど!
これのおかげで夏場は水をあげる必要が無いので便利
水の調達が難しいベランダでは排水も有効活用させねばな。

冬でも葉っぱを落とさない常緑の木が欲しかったので
枇杷にはこの調子でどんどん成長して欲しいもんです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

銀杏

(´・ω・`)晴れ続き

もう随分長い事晴ればかり
苔もカリカリに乾燥しちゃったので
そーろそろ降って頂きたいこの頃。

「ツメレンゲ」鉢が空いたので、あの平鉢を次の苔鉢にしようと計画中
もう既に土を詰め込み準備は整っているけれど
雨が降らず植え付けが出来ない状態。

苔鉢の苔は吸水しにくく、直接かけた水や
ジョウロのシャワー水だと弾いて吸収が難しい。

苔鉢は適度にゆっくり湿らせてくれる雨水の方がお好みらしい。




そんな「銀杏」鉢の記録

去年の秋頃
「錦蝶」が我が物顔で「銀杏」鉢を占拠していた
成長も早く、このまま乗っ取られるのか・・・
と、思っていたら




霜でひじき状態になった1月の初め頃

触るとぶよぶよ
タフそうな多肉だったけれどやはり霜には勝てなかったらしい。

そこから一ヶ月が経過し




枯れた

乾燥のひじき状態になった
中央の茎も乾燥し、完全に逝った・・・
かと思いきや、枯れた株の奥にまだ無傷の「錦蝶」が一株
いや、根元を見ると大量の子株たちが無傷状態で生存してた。

ここで枯れていないという事は
今年も「銀杏」は「錦蝶」に押されそうな気配。

銀杏記録というより錦蝶記録になってしまったわい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ケヤキ

(´・ω・`)寒い

曇りの日の畑作業は辛い
辛いのですぐ帰ってきた。

無理はしちゃいかんよね、無理はね。



そしてベランダで植物たちをチェックすると

ケヤキが綺麗に紅葉していた。

9月の台風で葉っぱが全部吹き飛んだ後に生えた葉っぱなので
枚数は少ないけれど、それでも良い感じに色付いている。

こう見ると葉っぱを観賞するだけでも楽しめるなぁ
一応盆栽風として、枝を刈り込んだり、葉っぱを落としたりして
サイズを抑えているのだけれど
来年からは好き勝手に伸ばさせてあげようかな。

人が下手に手を入れなくても何だかんだで綺麗に育ってくれそうだし
その方が葉っぱもワサワサ出してくれそう。

うむ、来年からはケヤキの自由に成長させてあげよう
そして年末には真っ赤な紅葉を楽しませて頂こう。

楽しみが増えたね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

銀杏

(´・ω・`)黄葉

今に始まった事では無いけれど
インターネッツ上の広告が凄く多くなった。

左下にも右下にも右上にも
何処も大体2~3個は付いてる。

消さなきゃ記事が見れないから
×ボタンを押して消していくけれど
広告消しも一苦労。

×ボタンが小さいから見つけるのも大変だし
ボタンを見つけて、押そうとするともう一つの広告が
下からゆっくり表示されてきて、間違えて押してしまう。

何だか色々と手が込んで来て
サイト巡りも大変な時代になってきたね。



そんな「銀杏」記録

ベランダで黄葉を楽しめるのは良い感じ。

初年度なので葉っぱの枚数が少ないのが寂しいけれど
来年はもっと賑やかになってくれると思う。

そして「銀杏」の隣に勝手に生えた「錦蝶」
「銀杏」以上の存在感になってきた。



接近してみると・・・

根元には親株から撒き散らかされた子株から
無数の芽が生えだしていた。

冬を越せるかどうかわからないけど
これ全部育ったら凄い事になりそう

来年生き残っていたらちゃんとした場所に植え替えてあげよう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

(´・ω・`)いてぇ・・・

ササクレをまた引き千切ってしまった
今回はバイ菌が入ってしまったのかさらに痛む。

毎回毎回、千切っては駄目だとわかっちゃいるけどやってしまう
そういえば、以前の記録にも同じような事を書いていたなぁ
と思い、過去記事を検索してみると・・・

あった
ここでもササクレを引き千切って後悔していた
日付を見てみると・・・8月の21日・・!
たったの2週間ちょっとでこの痛みと後悔を忘れたという事になる
成長しないもんじゃ・・・もう絶対ササクレは引き千切らない!


こちらも成長しない梅の木記録
過去の記録を見ると、もう5年近く変化が無かったので記録撮影は省略

芽を出した直後の記録が残ってた、この時2007年
もう10年以上観察を続けてはいるけど、花を咲かせてくれたのは一回くらい

その上、紅梅の木の下に落ちていた梅の実を埋めたので
紅梅が咲くものとばかり思っていたら、普通の白梅が咲いた

紅梅の木の下に落ちていた白梅の実を埋めてしまったらしい
白梅も綺麗だから良いのですけどもね!


ダイソーで一回り大きな鉢を入手したので植え替えを決行

細かい根で土がカチッと固まっていた
これじゃ大きくもなれませんなぁ


大きな鉢に園芸用土!

来年の開花は怪しいけれど、これならばしっかりと育ってくれるだろう


過去の記録を調べてたら懐かしいのも出てきた

以前、ベランダがアリだらけになり
出所を探したら梅の鉢から大量に出入りしているのを発見
鉢から引っこ抜いてみるとアリの住処にされていた。

こんな状態だと梅は調子を崩すのかと思いきや
この状態の時が一番調子良く、花まで咲かせていた。

アリのトンネルのおかげで水の通りが良くなったからなのかね?
自然の仕組みは良くわからんもんじゃ。


大発生していた頃の思い出

食料の少ないベランダでどうやって生きていたのかと言うと
パキラの蜜を集めまくっていた。

パキラの新芽からは甘い蜜が出ており
これでアリを誘き寄せ、柔らかい新芽に付く害虫から葉っぱを守っているらしい。

アブラムシがアリに甘い蜜を提供する代わりに
守ってもらう仕組みと同じようだ。

ちなみにパキラの蜜は人間が舐めても美味しいのですよ!

ベランダで植物と虫の共生関係を見れて楽しかったけれど
部屋の中もアリだらけになってしまったので
巣は撤去させて頂いた。

ジュースの空き缶を捨てるのを怠っていた自分が悪いのだけどもね
ふっふっふ~ん

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

パキラ

(´・ω・`)季節外れの植え替えが続く

毎日快適、一応30度辺りまで上がってはいるようだけど
高温には慣れたのでこの程度なら十分快適。

夜中にちょこちょこ雨も降ってくれているようで
水遣りもさぼれて楽ちん
そして今夜もちょこっと雨が降るらしい
昼間は晴れて、夜はパラパラ雨、そして涼しい気温
植物たちとっても快適な毎日が続いている。


不調な「パキラ」記録

この「パキラ」
高さを抑えてあるので、そんな古木には見えないけれど
もう15年くらい前からベランダの一員になっている。

仲間入りした当初は幹も親指くらいの太さだったのに
今では腕よりも太く成長した。

開始当初は記録をとっていなかったのが残念。

そんな「パキラ」も今年は調子が悪い様子
随分と長い事、葉っぱも出さずこの状態のまま成長が止まった。

これは植え替えの合図。


で、早速掘り返した

どうせすぐ伸びるので、細かい根っこはバリバリと除去
除去しまくり、幹に繋がる太い根っこ?だけの状態にして
植えつけた。


一ヵ月後

早速大きな葉を出し始めた
まだ開ききっていないので、ダラッと垂れた葉っぱだけど
もしばらくするとピシッとした葉になるだろう。

葉っぱのサイズも今までのよりも
大きなサイズの葉を出してくれたので根も順調そう。

うむ、これでもう数年はのんびり出来そうなり。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

テーブルヤシ

(´・ω・`)最近ちょっと雨続き

明日も崩れ気味との予報だったけれど
今見ると予報が変わり、関東は結構晴れるらしいとの事
久しぶりに日光を浴びれそうで楽しみなり。


そんな太陽の似合う「テーブルヤシ」記録



太陽が似合いそうな癖に直射日光を浴びたらすぐに葉っぱが焼けた

アウトドア派のように見えて、意外とインドア派の「テーブルヤシ」


購入直後の「テーブルヤシ」

成長が遅いのでよくわからないけれど
こう見比べると徐々に大きくはなっている様子。


アスパラと同じ時期に購入したので、一緒に植え替えをした。



密集して植えられていたので、一株づつバラす



で、間隔を取りつつ再度植え込む

これでどの株ものびのびと葉っぱを出す事が出来そう。

こんな小さな「テーブルヤシ」もずっと育ててると
1mを越すサイズになるらしい。

ヤシの葉っぱはかっこいいので将来が楽しみ

が、8株も入ってたし、全部大きくなったら置き場が無くなりそうですなぁ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

アスパラガス

(´・ω・`)食べるやつじゃないよ

柔らかく、細かい葉っぱが綺麗な
観賞用の「アスパラガス」

この植物も育て方がわからず、手探り状態だったので
屋内から屋外へ日光浴をさせようと思ったら・・・


一発で葉焼け、ボロボロにされました

調査したところによるとアスパラは
柔らかな見た目によらず、日光が好きとの事だったのに
見た目通りのデリケートプランツだったらしい。

この後も細かい葉っぱがパラパラと抜け続け
無残な姿になってしまったので


根元からばっさりカット

しばらくすると、ミニチュアサイズのアスパラがにょきにょき生えてくる


で、現在

ここまでは良かったけれど、どうも随分と長い事
この姿のまま成長が停止している。

栄養が尽きたのかな?と、これは良い機会
前に安売りで買っておいた、観葉植物用の土を試させて頂こう。


早速植え替え

繊細な葉っぱに似合わず、中々な剛毛ぶり


土の入れ替え完了

もっともっと葉っぱが生い茂った姿が理想なので
新用土でわさわさに育ってほしい。

そしてアスパラの葉っぱは上手く撮影する方法は無いものか
見やすく撮れた事が一度も無い。

綺麗に記録したいのに難しいもんだなぁ

アスパラが成長しなけりゃ
撮影スキルも成長しませんなぁ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ガジュマル

(´・ω・`)明日はちょっぴり楽そう

久しぶりの雨予報、苔たちの水撒きはさぼる事にしよう
一応気温もギリギリ30度以下との事
ちゃんと予報通りにいってくれれば良いんだけどもねぇ


そんな「ガジュマル」記録

剪定した枝を瓶に挿してお便所の窓に置き始めたのが5月頃


そして時は経ち3ヵ月後


お便所には似合わないサイズになってしまった

成長と同時に土が乾くのも凄く早くなり
最初の頃は数週間は給水いらずだったのに
このサイズだと1~2日も経つとカラッカラ。

葉っぱの量が増えると水を吸い上げる量も増え
すぐに乾いてしまうらしい。

それにしても北向きトイレで殆ど日も入らないのに
良く成長するもんじゃ。


そんな訳でカット

「ガジュマル」は強靭だし、すぐに成長するので
ここまで切り詰めてみた。


ちゃちゃっと植え付ける

これでまたしばらくお便所で成長を楽しめそう。

「ガジュマル」は成長が早いし、すぐに根付いてくれるし
観察してて楽しいですなぁ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

がじゅまる

(;´・ω・`;)急激にむぁ~っとしてきた

夜から朝方にかけては涼しかったのに
急に気温が高まってきた。
と同時に湿度も凄まじい事になってきた。

家の中と外の温度差で、窓の外側が結露してた。

そして「ガジュマル」記録。

以前から気になっていた胴体部分
この胴体があると、新しい枝はみんなここから出てしまうので
どうも形が気に入らない。

ので、思い切って伐採してみた。

伐採完了。

ウエストがキュッとした。

しばらくすると新芽が伸び出した。

うむ、やはりこっちの方がシルエットが良い感じ。
腰回りから葉っぱがドババッと生えてくれるとかっこ良さそう。

うむうむ、思い切って正解だった。

調べてみると「ガジュマル」は熱帯雨林が故郷らしい。
今日のような熱帯の密林気候は
「ガジュマル」にとっては故郷のような気候なんだろうね。

人間にとっては辛いので
ガジュマル気候は今日だけにしてほしいですなぁ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ビワ

(´・ω・`)ビワ計画

去年の夏に食べたビワ。

この大きな種が、種まきフェチの私にはたまらんのですよ!

木のサイズが一人前になってきたので、大きな鉢に植え替えた。

ここで10年後、少しでも実が採れれば良いなぁと期待する。
じゃんじゃん成長しておくれ。


そしてこの鉢にはもう一種、重要な植物が同居している。
手前と奥の雑草、これ「マルバルコウソウ」と言う。

以前、散歩の途中で発見し、ベランダでも育ててみたいなと思い
種を沢山採取しておいた。

が、撒いても撒いてもまったく芽が出ず
諦めて種まき用に使った土を色んな鉢に廃棄したら
よりによってビワ鉢で芽を出してしまった、それも2株も。

やっと出てくれた芽なので抜くに抜けず、ここで同居して頂く事になった。

「マルバルコウソウ」はアサガオの仲間らしく、双葉がアサガオそっくり。
花の形もアサガオにそっくりで色は綺麗な猩々緋色
サイズは凄く小さいけれど、大量にドババッと咲き
これが雑草にしておくには勿体無い美しさなのです!

早く手すりに巻き付けたいもんですなぁ

うむうむ、ビワと一緒に観察する事にしましょ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ガジュマル

(´・ω・`)目処が立った

今週の土曜に足場の撤去
そして翌週の月曜にベランダ設置。

設置直後に動き出せるかわからないけれど
来週中には苔の貼り付けや多肉の運び出しが出来そう。

長期の乾燥維持だったので苔たちが黄色くなり始め
やばそうな気配だったのでギリギリ間に合った感じ。

徐々に運び入れの計画を立てねば。

そして「ガジュマル」記録

屋内の不自由な記録もそろそろ終了。

冬の間もちょいちょい成長し、樹形が乱れてきたので
ベランダライフが再開したら整えよう。


最低気温もやっと10度を越えてきたところなので
完成時期も丁度良かったのかもしれない。

苔いじりが出来ない禁断症状がこんなにきついとは思わんかったすん。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ケヤキ

(´・ω・`)紅葉が始まった

遠くへ紅葉を見に行くのは中々出来ないので
ベランダの紅葉ケヤキで満足するなり。

ケヤキは水切れに弱く、夏場にちょっと水遣りをしくじると
すぐに葉っぱを全落としする程のダメージを受けます。

例年だと、この時期の葉っぱは散々な事になっているけれど
今年の夏場は水切れ無く越す事が出来たので
中々な紅葉振りになってくれた。

ちいさい秋を見つけましたなぁ

文字変換をしていて気づいたけれど
紅葉には黄葉という言葉もある。

どちらも「こうよう」だけど、文字の意味的に
葉が赤くなるのは「紅葉」 葉が黄色くなるのを「黄葉」で使い分けるらしい。

画像検索するとケヤキは黄色くなるようなので
本来は「黄葉」と呼ぶのかな。

じゃ、このケヤキはどちらかと言うと
赤っぽくもあり、黄色っぽくもある・・・


うむ、どっちでもいいかな!


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ガジュマル

(*´・ω・`)ハァハァ・・・

「ガジュマル」の成長が著しい。
根っこフェチなので、敢えて透明な容器で育成しているのだけれど
「ガジュマル」の根はたまらんち。
多肉の根っこばかり見ていたので、このゴツさは魅力的。
そして根っこの伸びる速度が凄く速いので、毎日見てても飽きんす。

ギチギチに根詰まりする頃が楽しみ。

葉っぱの方も新芽が出てきたので記録・・・

と、思ったら、撮影ミスで先端の新芽部分だけ画面外に出てしもうた。。
一番大事な所を写せず一体何処を記録しとるというのか

まぁ、根っこが記録出来たから良しとしよう・・・フフフッ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

アゲハの餌場

(´・ω・`)久しぶりの夏みかん

と、言っても葉っぱを全て食べられたので
枝だけ記録。
葉っぱを出しては食べられ、出しては食べられを繰り返し
今年も随分アゲハを育て上げたミカン鉢。

ここはエアコンの排水ホースを鉢に繋いで
排水だけで成長しています。
排水では成長に問題が出るかと思ってたけれど
これと言って問題は無い様子。
楽ちんで便利な給水システムなり。


ペットボトル時代のミカン畑
アゲハ蝶を育てる為の餌場として栽培開始。


餌場を用意してからベランダ回りでアゲハ蝶を沢山見かけるようになった。
我がベランダで産まれたからには、一度くらい撮影したいけれど
未だに一度も撮れず。。
まぁどうせピンボケるだろうけどフフフンフーン


そういえば、アゲハ蝶はどうやって柑橘の木を見つけているのか気になるところ
こんなベランダの隅っこなのに良く見つけられるものです。
目で探しているのか、匂いで見つけるのか、自分の生まれた場所を覚えているのか
不思議ですなぁ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ビワ

(´・ω・`)ご近所さんから頂いたビワ

今まで食べる機会が無く、初めて食べたビワ。
思っていた以上に瑞々しく、こんなに美味な果実だったとは。
実の中には凄くでかい種が入っており、ちょいと検索で調べてみると
種からでも実がなるとの事。

早速豆腐の空きパックを用意し、植え付けたのが6月の14日

長い事変化が無く、こりゃ駄目かと思っていた頃にやっと発芽。

2ヶ月経ってここまで成長した。
芽の出ていないもう片方は未だ動き無し。

無事に芽も出た事だし、ビワの育て方や結実期間を調べてみると・・・

実がなるまでに10年位かかるらしい。

いいだろう・・・こちらには苔栽培で鍛えた忍耐力がある。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村