苔ベランダの観察記録

虹の玉9

(´・ω・`)調査終了

虹の玉は多肉用土と赤玉単品ではどちらが好みなのかを調査してきましたが
見切りを付ける事にしました。

植え付け直後からほぼ変化が見られず
気温が上がってからも葉を増やす兆候も見えず
どう見ても赤玉はお気に召していない様子。

このまま枯れるまで待っていても勿体無いので
調査を打ち切り多肉用土鉢へ移植する事にします。


引き抜いた時、ちゃんと根は張っていましたが
少し引っ張るとぶちぶち切れてしまう状態でしたので
赤玉単品だと根にはあまり良い環境では無かったのかもしれません。

ここで再起を図ってくれす。


まだ小さくて見えませんが、今回の葉挿しは成功したようで
埋めた葉の付け根から小さな芽が出始めていました。
この調子でどんどん増殖していって欲しいもんす。

モウセンゴケ26

(*´・ω・`)ウヒョ

ホームセンターを徘徊していたら
見た事が無いモウセンゴケが売られていました。
最後の一鉢なのか、これだけポツンと放置。

買うしかない。


今までのモウセンゴケは葉が丸かったり、長かったりでしたが
このモウセンゴケは葉がY字に分かれる特徴があるようです。
草体も大きめだと思っていたナガバモウセンゴケより
3倍くらいでかいです。

新芽がシダ植物のようにクルクル巻かれた状態から伸びていくのもかっこいいです。


植え付けは赤玉とミズゴケで育ちに差は出るのかを調査したいと思います。


植え付け完了。


やはり直射日光の当たらない店内で維持されてきたモウセンゴケなので
植え付け直後は貧相ですが
草体自体も中々ゴツいので環境さえ気に入ってくれればすぐに
わさわさになってくれると思います。

成長が楽しみすなぁ。

苔記録110

(´・ω・`)雨が降ったら苔観察

梅雨の気配にワクテカの苔達。


反対側も異常無し。


屋根側の茶化現象地帯も徐々に回復傾向です。


限界まで茶化った箇所の移植経過。

↓移植直後


↓数週間後


↓さらに数週間後


やはり移植した方が回復の速度は早いようです。
明確な原因はわからないままですが
回復はするという事は判明したので実験の成果は有りです。

ウォーターマッシュルーム6

(´・ω・`)満開まっしゅ

一ヶ月近く経っても満開中
まん丸の葉っぱだけを楽しむ植物だと思っていましたが
花が終わりません。
地味なのでちゃっちゃと終わって、どんどん葉を出して欲しいのですが
中々タフな花です。


しかもこの花は蜂を呼び寄せるようで
しょっちゅう蜜を回収しに蜂が巡回しています。
また刺されないように気をつけんといかんです。


花がこんなに長期間咲くのは意外でしたが面白い植物です。
今年もまた面白げな雑草を探しに探索へ行きたいと思います。

薄化粧1

(;´・ω・`)あら・・・

購入当初の薄化粧


(;´・ω・`)あらら・・・

一週間後


(;´・ω・`;)あららら・・・

二週間後


順調に消滅へと向かっている薄化粧。。
葉っぱが次々に縮れ、ぽろぽろと脱落していく現状。
状況の好転を信じて様子見してきましたが
そろそろ葉数もやばくなってきました。

根っこが無い状態で植えたので
水を吸い上げられず縮れていっているのだとしたら
根さえ生えてくれれば状況は好転してくれると思いますが
原因がそれ以外だとしたらこのまま消滅へ・・・

先端と茎自体はまだまだ問題無さそうなので
もうしばし様子見したいと思います。

植え替え

(´・ω・`)植え替えです。

食虫植物鉢は常に湿らせておかないといけないので
腰水状態で維持しているのですが
個別の受け皿でやっているとちょっと面倒だなと思っていたので
一つにまとめる事にしました。


モウセンゴケの根。
本来であれば、真冬の休眠状態の時に植え替えます。
新しい根が出始めていて、やはりこの時期は植え替えに適していないようです。


モウセンゴケの植え付けに夢中になり記録を忘れました。
粘液が想像以上にべとべとで、次から次へと手に張り付き
植えても植えても引っこ抜けてしまい大変でした。

そして完成です。
影で薄暗く良くわからない上に、植え付けが雑でみすぼらしい事になってしまいました。
しばらくすれば様になってきてくれると思います。

・・・なってきてほしいです。


受け皿に穴を開け排水溝も作ってみました。
今までは毎回雨が降るたびに排水しなければいけませんでしたが
これで大雨が降っても自動で排水されるので楽が出来そうです。


本格的な植え替えは初めてなので若干不安です。
上手くいってほしいもんす。

ハエトリソウ6

(´・ω・`)巨大化

ハエトリソウの成長が順調です。

赤玉単品だった去年は、植え替えてからの数ヶ月間
小さめの葉をちょこっと出しただけしか動かず
ハエトリソウへの興味が薄れてしまいましたが
ミズゴケに変更後、次々と新葉を出すたびに葉を巨大化させているようです。
去年のハエトリソウを見るに、こんな動きのある植物だとは思いませんでした。
わさわさ茂っているハエトリの楽園をいつか造ってやりたいもんす。


モウセンのミズゴケ適正を調べる為
実験的にハエトリ鉢に葉挿しをしています。
こちらも上手くいって欲しいもんです。


モウセンゴケ25

(´・ω・`)ふふふん♪

またもやガガンボ討伐数を稼いでいたので記録。

昨日より綺麗に撮れました。
やはり足先が粘液にくっ付くだけで逃げる事は出来無くなるようです。


このままでは上手く巻き込め無いので
突っついて暴れさせ・・・粘液にべっとり張り付かせました。
苔荒らしに容赦はせんす。


昨日捕獲されたガガンボは葉っぱに巻き込まれ始めていました。
捕まえた獲物を葉で包み、粘液をドバドバ出しながら消化します。

消化が終わったらまた葉を伸ばし、粘液を付け始め
枯れるまで何度も獲物を仕留めます。
頼もしいです。


ハエトリソウの補虫動作も派手で面白いですが
地味だけれど、モウセンさんのじっくりべっとりな
絶望的補虫動作も魅力的です。


モウセンゴケ24

(´・ω・`)ふふん♪

最近モウセンさんのガガンボ討伐数が順調に増えていっています。
周囲の苔を狙ってなのか、ここいらにはガガンボが多いので心強いです。

ガガンボは長い羽に長い足、さらに力も弱いので
粘液にちょっと触れただけでもう逃げる事は出来ないようです。

こやつも明日には葉に巻き込まれ消化が開始されます。


ピンボケましたが、丸葉のモウセンゴケも
小さいながらに捕獲しています。
この調子で駆逐していって欲しいもんす。


今までは散々苔を食い荒らし、好き放題されていたので
これからは反撃です。

ビオトープ

(´・ω・`)睡蓮開花

ビオトープ&苔の水撒き用水槽です。
消滅寸前だったクレソンが勢いを盛り返し
逞しい茎で育っています。

元々は食料にしようと植えたクレソンですが
硬そうでとても食べられそうにありません。

植物が増えたからか例年よりも花が小さい感じがします。
液肥を入れてやりたいところですが
肥料分を含んだ水は苔用には使えなくなってしまうので
悩ましいところです。。


水性植物は見た目がかっこ良く
育てても楽しいので好きです。

FC2Ad

まとめ